出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

一月遅れのHappy Birthday to Me 既に定額減税を使い果たしました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 先月の誕生日、いや その少し前から気になっていたものがありました。

 

 この週末に、「やはり買おう!」と意気込んで某アウトレットモールまで「出陣」して買って参りました。

 

 資産形成の敵、「自分へのご褒美」という名の浪費です。

 「Happy Birthday to Me」ということで・・・

 

 ツヴィリンク&ヘンケルの「雅」800DPの牛刀16cmです。

見た目の美しさも・・・



 

 機能的意味合い、どうこうというよりこのダマスカスの美しさに一撃されてしまいました。

 

 じつは「雅」シリーズはすでに、鎚打ち仕上げが見事な6000MCTシリーズのペティナイフは、過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご紹介しましたが、キッチンとリビングのリフォーム工事完工祝いとして購入・愛用しています。 

 あれはあれ、これはこれの「美しさ」です。

 

 エッ? 観賞用?

 

 決して、観賞用ではなく料理用として購入していますので、「切れてナンボ」であることに変わりはありませんが、切ったトマトの断面を見れば納得の切れ味です。

 

 「カタチ」から入る見本のような・・・

カタチから入る見本のような・・・



 一番上は木屋のスウェーデン鋼牛刀。切れ味抜群。濡れたままで放置できないので、扱いは面倒ですが。

 その次の和包丁2本は他界した家内の嫁入り道具。未だに健在です。

 下2本は「雅」シリーズです。

 

 

 ただ、一抹の不安が・・・

 浪費がこれで終わりそうにないことです。

 

 買った牛刀自体は手にとっての確認しか出来ませんでしたが、「試し切り用」の同シリーズの「菜切り包丁」があると言うことで、切ってみました。

 

 包丁の重みだけで人参がストン・・・ナンジャコレハ!

 

 驚愕の表情を読み取られたのか、追い打ちを掛けるように、「在庫限りで大変お求めやすくなって・・・」と魔女のささやきが。

 

 「少し考えます」といって牛刀のみ購入して店を後にしましたが、もう十中八九買う気になってしまっています。(多分翌週?)

 

 包丁2本で岸田減税を既に食い尽くして(予定含む)しまいましたが、消費の拡大に貢献すると言うことで。

 

 減税しても、貯蓄に回るだけ・・・ナンてなめたことを言われないように、皆で消費しましょう。

 

 

有り難うございました。

5月第4週の資産運用報告 半導体関連銘柄が活況らしいけど・・・

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 常々このブログで申し上げておりますとおり、基本的な私の投資スタンスは、

・長期保有

・配当重視

 ですので、基本的には株価の上げ下げは本来余り気にしないようにはしており、日々の証券口座残高の集計値の推移は一喜一憂しないつもりでは有りますが、しっかりチェックはしています。

 

 5月第4週末の資産状況のご報告です。

 

 5月第4週のトピックスは・・・日米ともに「Good news」に振り回された一週間でした。

 22日(米国時間)の取引終了後に公表されたエヌビディア<NVDA>の好決算を受けて、NASDAQ及び半導体銘柄を中心に日経平均は大きく上昇しました。

 (どちらも24日には元の木阿弥でしたが)

 

 同日公表された5月のFOMCの議事要旨でタカ派発言が噴出していたことが公表されたことが心の奥底に燻っていたこともあり、週末に公表された米国PMI(購買担当者景気指数)が、2年ぶりの高水準であったことから、一気に緊縮懸念が高まり、市況に水を差しました。

 

 5月第4週末の主だった指標と、いつもながら並べて表記するのも烏滸がましいのですが私の株式資産(日米株式、REIT等含む、配当除く)の4月末との対比は以下の通りです。

 

     4月末 4週末

日経平均  38,405 38,646(円)

ダウ平均  37,815 39,069($)

NASDAQ    15,657 16,920

REIT指数 1808.73 1758.79

 

株式資産 Base  ▼  1.3(万円)

 

 

折線:指標推移(対前月 % 左目盛り)、棒グラフ:資産推移(対前月 万円 右目盛り)

 私 出遅れおじさんの5月に入ってからの株式資産(配当除く)の評価益は、対前月末▼イチマンサンゼンヨンヒャクジュウニ円と、再び水面下に沈みました。

 4月末の私の株式資産+5月購入資産(今月はゼロ)の合計が7,886.7万円ですので、第4週末断面で対前月-0.02%となり、JREITを除くすべての指標に負けました。

 

 エヌビディアをはじめとした半導体銘柄の活況からはいつも「蚊帳の外」です。

 と、指標で負けたときは言い訳を通り越して、恨み節。

 

NASDAQ  +7.6%

ダウ平均 +3.1%

日経平均 +0.6%

出遅れ  -0.0%

JREIT指数 -2.6%



 対前月末の差異の内訳は、大まかに言うと米国株資産がほぼ△104万円の○、日本株REIT資産が▼105万円の×と言う状況です。

 米国株については先月末に比べドル円相場はほぼ157円後半から157円弱まで0.8円ほど円高になっていますので、為替差で▼12万円、ドル建てで△117万円の○という状況です。

 

 私の株式資産(日米株式、REIT等含む、配当除く)の月次騰落(対前月末)分布図に5月第4週末を当てはめると、マイナス側1本目の右端に沈みました。

月次騰落(対前月 万円) 2018.1~ N=76



 ロシアのウクライナ侵攻の一日も早い収束を願っています。

 勿論私の場合はT朝のTM川氏とは逆で、ウクライナが矛を収めることでは無く、ロシア軍の全面撤退とプーチンの国際軍事裁判での断罪です。

 

 相場の上げ下げを気にしないと言っても上がれば嬉しいし、下がれば悲しい、ただ上がり過ぎれば落ち着かないというわがままばかりを言っておりますが、いずれにしても、上がった、下がったと騒いでみても、この◯☓は「含み益」「含み損」である事には変わり有りません。

 

 

有り難うございました。

4月消費者物価指数公表・・・じり貧? +今月も蕎麦を頂きに館山へ

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 4月の消費者物価指数が公表されました。

 

 CPI総合は対前年比+2.5%、生鮮食品を除いたコア指数も+2.2%の増となりました。

 生鮮食品・エネルギーを除いたコアコアCPIは対前年同月比+2.4%となり、昨年2月以降総合指数とコアCPI逆転していましたが、政府の支援等による電気代・ガソリン代等の「エネルギー補助金」の効果によるものでしたが、一年が経過し元に戻っただけです。

 (対前年同月の上昇率ですので)

 何れの指標も上昇のペースは鈍化傾向にあります。

 

 食料品(アルコール除く)・エネルギーを除いた欧米式コアCPIは対前年同月比+2.0%の上昇となり、これも上昇のペースは鈍化しています。

 

 昨年年初来の各指標の推移をグラフにしました。

CPIの推移



 言うまでも有りませんが、

・CPI総合   :すべての価格の平均

・コアCPI   :生鮮食品を除く価格の平均

・コアコアCPI :生鮮食品・エネルギーを除く価格の平均

・欧米式コアCPI:飲食品・エネルギーを除く価格の平均

 です。

 

 何時も私が参照させて頂いている、PwCコンサルティングの片岡剛士氏(元日銀政策審議委員)が物価上昇率を財とサービスに分離したグラフは今月もお休みです。

(どこまで他力本願な!)

 

 

 私が当ブログで唱えてきたように、

物価上昇

→企業収益向上

→給与上昇

→消費拡大

→物価上昇

 の好循環が実現出来て、初めて「安定的」な物価上昇が実現できますので、今回の春闘の成果に期待したいと思います。

 そこを打破できなければじり貧に陥ってしまいます。

 

 これまでも言ってきていますように、上記のサイクルは放置すれば縮小均衡に陥ってしまいます。

物価上昇>賃金上昇

 の状態は、単に貯蓄を食いつぶしているのと同じ状態です。

 

 今回の結果を率直に言えば、「落ち着いてきた」を通り越して「じり貧」なのでは、という気もします。

 

 6月より電気代を抑えてきた支援は終了、併せて再エネ付加金の増額・・・等相当厳しい状況になるので、再び指数は上昇し始めるでしょう。

 

 ただし、これは旺盛な需要による「良い物価上昇」ではありません。

 

 

【性懲りも無く410号線経由で蕎麦を食べに館山へ その3】

 

 そういえば長らく410号線をドライブしていない・・・

 

 今週、突然思い立って館山まで蕎麦を食べに出かけました。

 目的地は前回と同じく、「手打ちそばうどん たちばな」

www.28soba.com

 です。

 

 前回頂いた、十割、二八、田舎の三種盛りの十割が極めて香りよく美味しかったからに他なりません。

 

 シン愛車1号車が納車になってから・・・なんて悠長なことは言っていられません。

 

 目的の一つは蕎麦ですが、なだらかに続くワインディングを流してみたい、という思いが沸々とわいてきました。

ジムニー君のことですので、コーナーを攻めるという状況には至りませんが。

 

 今回頂いたのは、合鴨の付け汁+大盛り+10割、と蕎麦じる粉(理性崩壊の兆し)でした。

合鴨つけ汁+10割+大盛

また頼んでしまった・・・




 蕎麦屋でデザートの汁粉というのがすっかりパターンとなってしまいました。

 

有り難うございました。

一歩を踏みだしました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご報告しましたように、マイクロ法人を設立、一部の株式資産を法人に移し、給与(役員報酬)を頂くべく準備を進めています。

 既に、ETFの積立や配当金再投資等は5月分より停止しており、ひふみ投信も残口を全て売却しました。

 

【法人設立の段取り等】

 

 法人設立に当たっては、自分で手続きをする以外にも行政書士さん等をたよって・・・という方法もありますが、設立手続きを代行する企業もあります。

 

 有名処では、freeeとマネーフォワードがあり、費用面ではほぼ互角、実質行政費用以外は無料とのことです。

 そんなことで企業が成り立つはずもなく、一種の前提条件として、それぞれの企業が提供する会計ソフトの契約を促すというのが主目的のようです。

 また、法人登記に当たっては印鑑(角印、実印、銀行印の3本セット)が必要となりますが、何れも印鑑作成の取り次ぎも行っているようです。

印鑑の匠ドットコム殿サイトより借用しました



 で、会計ソフトのどちらが優れているか、ということに関しては、必要とされる機能については互角、ただ、freeeの方が「仕分け」他、会計処理になれていない方にも使いやすいところが長所でもあり、短所でもある、という微妙な表現が的を射ているようでした。

 

 決して、「簿記3級」ホルダー、「簿記2級」(受験せず)チャレンジャーで、元経理担当(も管掌する)役員のプライドがそうさせた訳でも何でもなく、単純に費用の安いマネーフォワードを選択しました。

 

【設立時期】

 

 5月中~下旬は、放送大学の1学期の添削受験(所謂中間試験 規定成績を収めないと単位認定試験を受けられない)でしたので、これを片付けてから段取りを始めたら1ヶ月は掛かるのではと思われました。

 そうなると、6月下旬設立という流れですが、月半ばで設立する意味は全くありませんので、7月1日設立をターゲットとして、マネーフォワードクラウドに会員登録をしました。

 

【バーチャルオフィスという選択】

 

 法人設立の最大の障壁は「子供たち」でした。

 主としてセキュリティー面での心配で、

「表札に会社名を表記するのは危険」

「住宅地図の自宅に社名が載る」

 等でした。

 

 確かに、私の住んでいる町内では結構病院経営の方等々自宅を「本店」とした会社を経営されている方が多く見受けられ、それが「もろ見え」なのも・・・と感じざるを得ませんでした。

 

 そう言う懸念を払拭してくれたのが、バーチャルオフィスという選択でした。

 一気に視界が開けたと言っても過言ではありません。

 

 所謂住所貸し業で、上はクライアントとのミーティングも出来る貸し会議室も備えた、審査が厳しく結果として信用度も高い・・・という会社から、最安値では法人登記不可(結局目的は?)というところまで、いろいろ選択肢はありましたが、私が求める要件は

 ・法人登記が可能(口座開設も可能)

 ・郵便物の転送サービス

 ・固定電話番号付与(私は東京在住ではないので、050で始まる番号しか取得できません)

 で、安価と思われたDMMバーチャルオフィス(一年契約で月額5,170円+郵便・電話転送費)にお願いすることとし、登録完了、審査も完了しています。

 

 日割り家賃(正しくは賃貸契約ではないので手数料名目ですが)はやっていないので、

・月初めから契約したいのなら、月明けにクレジット決済ヨロ!

・1ヶ月経っても支払いがなければリセット。再度申し込みしてチョ!

 というメールを受け取ったところです。

 

 費用支払いを済ませると、正式な本店登記住所と電話番号の連絡があるようです。

 

 久々にワクワクしています。

 

 

有り難うございました。

5月の投資信託の運用状況

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 月末になりましたので・・・と、言おうと思ったら、投資信託については、旧NISAのゼウスを除いては、eMaxis Slim 全世界株式(オルカン)と、同じくeMaxis Slim 先進国債券だけになったので、この2本の運用状況をご報告させて頂きます。

 

eMaxis Slim 全世界株式(オルカン)の運用状況】

 

 オルカンは5月より特定口座を毎月5万円売却、新NISA口座で毎月10万円購入しています(差引5万円/月購入)。

 売却に伴う源泉税を集計はしていますが、運用成績にはカウントしていません。

 

        (取得) (4月) (5月) (対前月) (取得来)

eMaxis全世界 1,000 1,177 1,317  (△ 5.8%) (△31.7%) 毎月5万円積立中

 

 既積立額 : 新NISA口座 30万円、特定口座 70万円

 源泉徴収税: 当月 2,678円

 

  しばらく停滞していたオルカンも、漸く上昇の兆しを見せ始めました。

 

 

  オルカンは現在のところ、予定額(250万円)まで積み立てて継続保有の予定です。

 

 

eMaxis Slim 先進国債券の運用状況】

 

        (取得) (4月) (5月)  (対前月) (取得来)

eMaxis先進債 2,400 2,641 2,737  (△ 1.7%)  (△14.1%) 毎月5万円積立中

 

 積立予定額(というか積立財源)は250万円なので、残り3ヶ月、7月には終了の予定でしたが、5月分の積立を最後に積立停止しました。

 

 いずれかのタイミングで全額売却の予定です。

 

 今月のチャートはオルカンです。

三菱UFJ国際投信殿サイトより借用


 

 

【総額】

 まだ、積立中・売却中の投信もあるので月々の経過を評価するのは難しいのですが、全体合計は以下の通りです。

 

     (取得) (4月) (5月)  (対前月) (取得来)

・総額  3,400  3,818  4,054 (△ 4.8%) (△19.2%)毎月5万円積立

 

 

有り難うございました。

Oneリート投資法人<3290>より分配金を頂きました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 Oneリート投資法人<3290 以下OneR)より分配金を頂きました。

 

 OneRはみずほ系のオフィス専業のREITです。一応同法人のHPによると物件のポートフォリオ方針に関しては、

・オフィス70%以上、商業施設30%以下

・関東圏70%以上、地方圏30%以下

 と、記載されていますが、実際にはオフィス専業、関東地区70%のREITといって差し支えないと思います。

 

 物件の規模は、大博多ビル(福岡市)や肥後橋センタービル(大阪市)等の一部の物件を除けば、延べ床面積5,000平米クラスの中規模ビル主体です。

 その辺りのポートフォリオは日本リート(3296)と近いと思います。

 

 毎回同じネタの解説で恐縮ですが、のべ床面積5,000平米と言ってもイメージしにくいですが、500平米(≒150坪)✕10階建てと思えば理解しやすいと思います。

 

 150坪と言えば郊外の戸建て住宅3軒分に相当しますのでそんなに大きなビルでは無いと理解しやすいと思います。

 

 150坪と言えば同じく「三畳一間の小さな下宿」100室分?

 「エッ? 余計に判らん?」・・・失礼しました。

 

 直近の分配金と今後の見通しは以下の通りです。

 

22年8月期 7,120円

23年2月期 6,842円

23年8月期 6,821円

24年2月期 6,691円(今回)

24年8月期 6,720円(予想)

25年2月期 6,410円(予想)

 

 

 今回の分配金で利回りは5.02%(!)で、全REIT中ベスト10前後です。

Yahoo Finance殿サイトより借用



「高利回りにはワケがある」

 

 ちなみに私自身は4口(新NISA1口、旧NISA3口)保有しており、最初の購入は2015年1月でした。

 

取得価格計   988,598円

本日付資産  1,066,000円

騰落率       △7.8%

累計受領分配金 392,558円(今回分まで)

分配込み騰落率   △47.5%

 

 REITというものはこういうものと思って付き合うしかないと思っています。

 

 

 

有り難うございました

【お詫び】昨日の「米国株の状況」記事に大きな数字の誤りがありましたので訂正します

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 米国株の保有状況についての昨夜の記事、

deokureojisan.hatenablog.com

 に重大な誤りがありましたので修正します。

 

 

 修正内容、GX US配当貴族<2236>の5月17日付け残高が100万円過大に集計されていました。

 2,658.6千円 → 正 1,658.6千円

 

 従って、グラフ、及び前回報告の2月23日との騰落等差異の数字は以下の通りとなります。

米国株資産の推移



 前回報告時点の2月23日付け残高と今回5月17日の資産の総額の差異は以下の通りです

(訂正後:赤字部分)

 

2月23日  24,274.0千円

5月17日  27,787.0千円

5月17日  26,787.0千円

差異         +3,513.0千円(+14.5%)

      +2,513.0千円(+10.5%)

 

 この間の売買は以下の通りでした。

 (5月は新規の購入を停止していますので、3月、4月分の購入のみです)

 

配当金再投資    99.4千円

積立       477.8                   

合計        577.2千円 

 

 この間の為替は150.5→155.6円と2円強ドル高になりましたので、為替差(+3.4%)で+822千円、実質含み益の増は+2,113.8千円(+8.7%) +1,113.8千円(+4.6%)でした。

 

ちなみに、同期間で

ダウ平均 39,131→40,003(+2.3%)

NASDAQ    15,996→16,685(+4.3%)

S&P500   5,088→ 5,303(+4.2%)

 

 

 と いう状況で、GA*Aのお陰で、かろうじて各指標には僅かに勝てていますが、あれだけ河馬仔兄弟やSDIV等「ヤクザ」な銘柄を持っていて、指標の2倍は勝ててねえだロ! と思っていたらその通りでした。

 

 100万円数字が違っても気がつかない・・・粗忽の至りです。

 (ドル建ての方は両証券会社のドル建て資産とチェックはしたのですが・・・)

 

 深く深くお詫び申し上げます。

他様様の土下座写真を貼ると言うことからして・・・



 って、誰もテメエの運用成績なんて気にしてねえ?

 

 まあ、そう仰らずに。

 

有り難うございました。