出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

iシェアーズ先進国(除く米国)不動産ETFからの分配金・・・頂けませんでした

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

iシェアーズ先進国(除く米国)不動産ETF(IFGL)について触れたいと思います。

 

 このETFは不動産セクターをメインにしていますが、純粋なREITでは無く不動産会社の株式も資産に組み入れられています。

f:id:deokureojisan:20210123220232p:plain

楽天証券殿サイトより借用

 地域的には当然、日本(24.25%)のシェアが一番高くて、以下香港、ドイツ、イギリス、オーストラリアと続きます。

 個別の組み入れ資産の上位10社には、ヴォノヴィア(5.25% ドイツの住宅会社)の他には三井不動産三菱地所住友不動産等の不動産会社が名前を連ねています。

 このETFは4半期に一度分配があるのですが、表題の通り今回は分配金はありません。

 

 直近3年間の1株あたりの分配金は

2017年12月期~2018年9月期 1.588670$ 

2018年12月期~2019年9月期 1.462573$  

2019年12月期~2020年9月期 1.737696$

 で株価はほぼ27$近辺に貼りついていますので平均1.6$として利回りは約6%です。(いや、でしたと言うべきでしょう)

 ここ1年間の四半期毎の分配金は

2019年12月 1.148285$

2020年3月   0.216535$

2020年6月      0.167780$

2020年9月      0.205096$

 で、今回は

2020年12月  0.0$(今期)

ゼロを打つのもアホらしい状態です。

 

 過去の分配実績を見る限り、毎年12月期の分配額が多く、全体の帳尻合わせをしているようにも見えていたので、やはり今年は・・・と言う感想しか有りません。

 次回どうなるか・・・

 

 実はそれ以前に、昨年末から分配金無しのニュースを聞いて以降、このETFどうしたものかと悶々と悩んでいました。

 このETFを選んだ切っ掛けは、「バランス的には不動産も有った方がヨカンベー」くらいの気持ちで、実は国内で買える不動産をターゲットとした米国上場ETFは非常に選択肢が少なく、米国REIT投資信託で結構積み上がっていたので、「米国除く」、「高配当」というのが決め手という実にいい加減な選択でしたが、株価は比較的安定、税引き後5%弱の利回りでしたので、チョコチョコ買い増ししてきました。

 円建てでの取得来の配当込みのパフォーマンスは前年末で×1.25%でしたが、ドル建てでは◯6.5%(価格差×4.5%、手取配当◯11%)。

 

 ほぼ一ヶ月以上悶々としてきましたが、記事に纏めてみると、改めて保有を継続する意義が見えて来なくなってきましたので、多分週明けには売却して、他の米国株に乗り換えることになると思います。

 

アー! スッキリした!

 

 

有り難うございました。

星野リゾートリートより分配金・・・過大なインバウンド喧伝に騙されないで

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 星野リゾート・リート(3287 以下星野R)より分配金を頂きました。

 星野Rは星野リゾートアセットマネジメント(「星野リゾート」の100%子会社 「星野リゾート」自体は非上場)が運営するホテルリートです。

f:id:deokureojisan:20210122215525p:plain

Yahoo Finance 殿より引用

 星野リゾートが運営する、星のや、リゾナーレ、界 等の所謂「星野ブランド」のホテルは資産の3分の1程度で、チサンやカンデオ、ANAクラウンホテル等のシティーホテルが資産の半分以上を占めています。

 分配金の実績と見通しは以下の通りで

2019年10月期 13,174円

2020年 4月期 13,302円

2020年10月期 12,860円(今期)

2021年 4月期  6,390円(見込み)

2021年10月期  5,987円(見込み)

 と、ご多分に漏れず次回以降はほぼ半減の見込みです。今期の分配金で利回りは5%、次回分配金で2.5%程度です。

 

「オマエは未だに懲りずにホテルリートか!・・・」

 

 と言う声が聞こえそうですが、「星野Rは別格!」とは言い過ぎですが、他のホテルリートのようにコロナショック前の半値戻しにも遠く及ばないと言う状況では無く、上のチャートにもありますように、他のオフィスリート並に2年前の投資口価格水準には戻ってきています。

 

 私が、星野Rというか星野リゾートそのものを評価する最大の理由は、星野佳路氏の国内需要に軸足をおいた明快なビジョンです。

 マスコミの報道を見ていると、コロナショックによって中国の観光客を初めとしたインバウンド客が激減し観光業界は・・・と、いかにもインバウンド消費が観光業を支えているかのような印象を植え付けられます。

 勿論九州地方の一部のように局地的には中国、韓国からの観光客に頼り切ってしまって青息吐息の地域もありますが、訪日外国人観光客による消費は4.8兆円弱(2019年観光庁)です。星野佳路氏もインタビュー等で言っているように日本人の国内観光消費は22兆円(2019年観光庁)で、インバウンド消費の4.5倍以上で、こちらの方が遙かにマーケットとして巨大です。

 敢えて個人名は挙げませんが、中国人の某ジャーナリストや、韓国人の某大学教授はテレビ等で平然と

「日本経済は衰退し、どんどん日本人は貧しくなっていくので、中国や韓国の観光客に縋るしか無い」

 と言い放っていますが、猛烈に悪質なデマです。

 星野氏は、マイクロツーリズム(手近な旅行:星野氏の提唱)を皮切りに、この巨大な国内観光消費市場をさらに掘り起こしていく、と言うことを明確に打ち出しています。

 マスコミの悪質なデマに惑わされないようにしたいものです。

 

有り難うございました。

2020年株式運用成績の追記 (米国株残高推移と国内株等取得来損益を追加しました)

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 昨日の記事で、株式投資の運用成績の推移の見直し版と資産額の推移のグラフを再掲させて頂きました。

 資産額等を整理している中で、思い立って米国株だけの資産額の推移を纏めてみました。

f:id:deokureojisan:20210121221423p:plain

米国株資産残高推移

f:id:deokureojisan:20210114221728p:plain

株式資産残高推移

 昨日も掲載させて頂いた、株式(含 個別REIT,ETF)のグラフと米国株のグラフを2つ並べて掲載させて頂きましたが、勿論上の米国株の資産額推移は、下の株式資産額推移の内数です。

 赤い折れ線の「年末残高」は文字通り年末の保有株式の残高で、灰色の積み上げグラフは米国株のグラフに関しては、毎年の米ドルの購入額の積み上げになっています。

 米ドルで頂いた配当は、米ドルでため込み様なことはせず、基本的にはある程度の残高が積み上がった段階で再投資していますので、

 米ドル購入額は各年ごとの(株式の購入額-受取配当±売却損益)の積み上げに等しいと思います。

 

 双方を比べてみると残高の伸びは圧倒的に米国株の方が勢いがあります。

 やはりGAFA(フェイスブック株は保有していませんので私の場合はGAAです)を初めとしたハイテク株の成長力はものすごいですね。

 

 ちなみに、お正月にご報告させて頂いた、株式(個別REITETF含む)の2020年単年の年初来の運用成績に今回取得来の成績(何れも配当含む)が纏まりましたのでご紹介させて頂きます。

 

       比率   年初来   取得来

・国内株   38.3%  × 8.6%  ◯17.4%

・米国株   36.9%  ○12.0%   ◯40.1%

・海外債    4.9%  ○ 0.4%   ◯ 2.6%

・国内REIT  16.8%  ×24.1%  ◯ 2.7%

・海外REIT   3.0%  ×10.1%    × 1.2%

・株式合計      100%         × 5.2%   ◯19.6%

 

 やはり米国株は・・・余り書くと、テスラやエヌビディア等々の悲しい話を思いますので、この辺で・・・

(過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 

deokureojisan.hatenablog.com

をご参照ください)

 

有り難うございました。

インベスコオフィスJREITより分配金を頂きました・・【お詫び】株式運用成績のグラフを修正します

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 インベスコオフィスジェイリート投資法人(3298より分配金を頂きました。

 名前の通り、米国の資産運用会社インベスコの日本における事業会社の一つで、所謂オフィスリートです。

f:id:deokureojisan:20210120225234p:plain

Yahoo Finance 殿より引用

 ポートフォリオは明確で首都圏中心のオフィスビルが中心です。ONEリートなど他のオフィスリートと同様昨年3月(所謂コロナショック前)までジリジリと投資口価格は上昇していましたが、一気に暴落、漸く2年前水準まで復帰というパターンです。

 分配金の実績、及び今後の見通しは以下の通りです。

2019年10月 386円

2020年4月   409円

2020年10月 410円(今期)

2021年4月   399円(見込み)

2021年10月 362円(見込み)

 分配金も安定していますので、すでにご報告の通り今年も9口追加で購入しています。

 投資口価格と分配金が安定していると言うこと以上に、このリートは投資口価格が少額なのでNISAや特定口座の投資枠の残枠充当にとても便利なのです。

「そんなことより、着実に利益の上がる銘柄を見つけろよ!」

と言われると何の反論も出来ません。

 

【お詫び】

 以前ご報告させて頂いた、私 出遅れおじさんの株式の運用成績のグラフのうち、累積損益率と累積平均損益率の数字を以下のように修正したいと思います。

 

 累積の損益率は、正月明けの3連休の間に無い知恵を絞って、単年の利益率計算の延長線上で、累積の利益を年初資産額で割って計算しておりましたが、私個人の管理台帳と数字が異なっていることに気が付きました。

 浅知恵は浅知恵で、私個人の管理台帳は、利益額を

・単年の利益率の母数は年初資産額

・累積の利益率の母数は取得額(年末保有銘柄の取得額±過去の売却損で割って計算しておりましたので、これに合わせさせて頂きたいと思います。

 産推移と運用成績のグラフを以下の通り修正させて頂きます。結果として

2020年の累積利益率 17.0% → 19.6%

〃  累積平均利益率  2.0% →  2.3%

と少し数字が改善されましたが目標に遠く及ばないのは変わり有りません。

f:id:deokureojisan:20210120225110p:plain

運用成績

f:id:deokureojisan:20210114221728p:plain

資産推移

 

エッ? オマエの運用成績などドーでも良い? 勝手に数字を繕うな!

まあ、そう仰らずに。

 

有り難うございました。

スターツプロシード投資法人(7989)より分配金を頂きました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 スターツプロシード投資法人(7989 以下スターツR)より分配金を頂きました。

 名前の通りスターツ(8850)グループのREITです。

f:id:deokureojisan:20210119223521p:plain

Yahoo Finance 殿より引用

 スターツは、最近はスポーツイベントのスポンサーの他、自ら陸上競技部保有する等「走る」イベントで名前を見かけますが、本業は賃貸住宅を中心とした建設・土地活用、仲介・管理の一体展開を行う不動産会社です。

 多分、営業店舗「ピタットハウス」の方が名前馴染みは良いと思います。

 「ピタットハウス」のCMと言えば今は「こじるり」こと小島瑠璃子さんがやっていますが、我々世代は初代「きれいなおねえさん」こと水野真紀さん(衆議院議員後藤田正純さんの奥様)でしょう。

 我が家の近くの「ピタットハウス」の店頭には、小島瑠璃子さんと水野真紀さん並んだポスターも貼っています。

 

 スターツRはスターツそのものが住宅メインの企業ですので、「プロシード」ブランドのマンションを中心とした住宅系リートです。

 住宅系リートは堅調で、スターツRも投資口価格はほぼコロナ前を回復し、分配金も若干下げ傾向ですが安定しています。

 

過去の実績と今後の見込みは以下の通りです。

2019年10月期 4,542円

2020年4月期   5,059円

2020年10月期 5,488円(当期)

2021年4月期   4,530円(見込み)

2021年10月期   4,500円(見込み)

 

スターツRは私の国内REITポートフォリオの中では大和証券リビングR(8986 旧日本賃貸住宅)に次ぐ古株で、昨年の総決算

(過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

をご参照ください)

では国内個別REIT唯一の「晴」銘柄で、取得来の利益率でも大和証券リビングRに次いで好成績です。

 

 失礼な言い方を承知で言わせて頂くと、「プロシード」ブランドのマンションは、何とかヒルズやプラウド何とかやパーク何とかというような「いかにも」というブランドイメージのマンションでは無く、多少都心を外れたファミリー向け等の物件中心なので、コロナの影響も比較的薄いようです(イヤッ 薄いと信じたいです)。

 

有り難うございました。

株式の分散とは・・・何故第三次産業偏重になったか

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 昨日の続きで、私の保有国内株の業種別分布について、一覧表をご覧頂ければお判りの通り、

・第一次~第二次産業 6銘柄

第三次産業     28銘柄

で明らかに第三次産業重視になっています。

f:id:deokureojisan:20210117225231j:plain

株式欄

 新聞の株式欄をご覧頂ければ一目瞭然で、東証一部上場の銘柄数は半分以上6割くらいが第三次産業(株式欄で言えば卸売業以下)ですので、過半数は致し方ないでしょうが、私のように80%強は特異かも知れません。

 

 第一の理由はもともとお小遣い勘定で、ちまちまやっていた株式投資が、突然「株主優待」狙いに移行してしまったことが影響していると思います。

 高校に進学したばかりの愚息が、「同級生がマックで優待券を出すのがカッコいい!」なんて挑発にまんまと引っかかり、日本マクドナルド(2702)を皮切りに、何の因果か(?)我が子は三人とも都内で一人暮らしで大学に通学していましたので、父親の威厳(?)を見せんと松屋フーズ(9887)、ゼンショー(7550)、はたまたスターバックス(現在非上場)と外食産業優待目当ての株式を買いあさって、子どもたちに一人暮らし支援と称して優待券を配っていた時期が有りました。優待目的で現在も保有しているのはイオン(8267)、ビックカメラ(3048)、三越伊勢丹(3099)の3銘柄です。

 家計勘定で株式投資をするようになってからも、コロワイド(7616)、オリックス(8591)、KDDI(9433)、行動範囲の百貨店株大人買いなどと優待中心で銘柄を選択してきたので小売り業を中心とした第三次産業中心に保有すると言うことに繋がったのだと思っています。(コロワイド以外はほぼ現在も保有)

 

 第二の理由は、第二次産業銘柄には良い思い出が無いからです。

 筆頭は日産自動車(7201)です.

 かって日産車ファンであった私は、大和証券の「るいとう」で同社株を積立購入していました。平均購入価格は1212円。ゴーン元会長の国外逃亡に先立ち(?)我慢しきれずに679円で全株売却。

 

 共立印刷(7838)については、過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

をご参照ください。

 

 これ以外にも、

・三晃金属(1972) 4080円で購入、2625円で売却

三井金属エンジ(1737) 1383円で購入、1065円で売却

・デクセリアルズ(4980) 1442円で購入、699円で売却

(何とデクセリアルズは最近好調のようで1400円近くまで戻しています)

等々、枚挙にいとまがありません。

 

 逆に、過去の第二次産業保有株で利益を得たのは日本製鉄(5401)位でしょうか。言い方は悪いですが、最近の株価を見ていると上手いタイミングで売り抜けられたと思っています。

 

エッ? 

「それもコレもみんなオマエの銘柄選択と売買タイミングの問題だ!」

ですって?

 

そうです。悪いのは私であって、ニッポンの製造業が悪いわけではありません!!

 

有り難うございました。

株式の分散とは・・・国内株の業種別保有銘柄

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 昨日ご報告させて頂いたように、本年分の購入予定株式は(前年からフライング購入したものも含めて)購入が完了しました。

f:id:deokureojisan:20210117225231j:plain

国内株

 ポートフォリオなどと気取って言うつもりもありませんが、すべて新聞の経済欄の業種分類で一応手持ち(家計勘定+お小遣い勘定)の日本株保有状況を分類してみました。

 

農林水産業 -

建設業   -

製造業(食品) - 

  (繊維)  -

  (化学)  富士フイルム、バルカー

 (医薬品)  武田薬品

(石油窯業)  ブリヂストン

  (鉄鋼)   -

  (非鉄)   -

  (機械)   -

  (電機)   キヤノン

  (輸送)   トヨタ

  (精密)   -

商業(卸)    三菱、伊藤忠、物産、住商オートバックス、東京エレデバ

 (小売)     高島屋、Jフロント、三越伊勢丹AEON、USMH、ビックカメラ

金融(銀行)  三井住友、みずほ、あおぞら

(証券不動産) MS&AD、松井、ヒューリック、リベレステ、オリックス

運輸      ANA   

情報通信    NTT、KDDI、日本BS、兼松エレ

電力ガス    -

サービス  カーブス、学究社夢真

 (赤字:お小遣い勘定。三越伊勢丹は家計・お小遣い双方で保有)

 

 自分で,リストアップしておいてこういう言い方も申し訳ないのですが、実は前年の保有株式と殆ど差が無い事に気が付いてしまいました。

 血気盛んに切った貼ったの株取引をしているわけではありませんので、そう変化のしようも無いと言えばそれまでですが、

・前年のポートフォリオから消えていなくなったのは

 NTTドコモ、コシダカHDGS

・今年(昨年末含め)から新たに加わったのは

 カーブス、NTT、ヒューリック

とプラス3銘柄、マイナス2銘柄のみでした。

結局、コシダカHDGSがカーブスに化け、ドコモがNTTに化け、新たに加わったのはヒューリックだけ?

 

 本年分の購入銘柄は基本的には従来から保有している銘柄の「買い増し」です。これはJリートも、米国株も同様です。

 60台も半ばを過ぎると保守的になるというか、特に老後の安定的な生活のための資産ですので、新たな標的を研究し、狙いを定めてという投資行動には出にくい所です。

 お小遣い勘定は全く別でIPO直後の銘柄等色々チャレンジはしているのですが・・・

火傷することの方が多いかったかも知れませんが。

 

 で、我ながらこのリストを見ると、「偏っている」と思わざるを得ません。

 そう上の方(第一次産業はともかく第二次産業)はスカスカ、下の方(第三次産業)ばっかり?

 その辺の是非と多少の言い訳は明日ご報告させて頂きます。

 

有り難うございました。