出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

やまや(9994)から配当金と優待商品券を頂きました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 やまや(9994)から配当金と株主優待の商品券を頂きました。

 やまや株を購入するに至った経緯は、過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご紹介しましたように、マイナポイント15,000円相当をSUICAで頂きましたので、やまやでウイスキーの購入に充てました。

 その際、せっかく資産形成ブログで「やまや」の名を出すのだからと、同社の証券コードを調べたら、配当(2,600円✕2回 利回り約2%)と商品券(3,000円✕2回 同2.3%)が妙に魅力的に見えてついつい無節操にも購入てしまった次第です。

500円✕6枚



 同社は3月決算なので、11月11日に中間決算を発表しました。

 直近の決算状況は以下の通りです。(単位:億円)

 

       収益   純利益 1株配当

19年3月期  1,677   32  44円(22+22)

20年3月期  1,681    2  46円(23+23)

21年3月期  1,500  ▼79  50円(24+26)

22年3月期   1,434   44   50円(24+26)

23年中間     757    5         今回発表

23年3月期  1,480   15   52円(26+26) 予想

 

 パッとしないと言えばパッとしない、ジリ貧と言えばジリ貧に見えなくもありませんが、前期(22年3月期)から例の「収益認識に関する会計基準」が適用されているとのことですが、百貨店などはビジネスモデル的に判りやすいのですが、ヤマヤの場合何がどう変わったのか今ひとつ調べ切れていません。

 

 やまやは連結子会社にチムニー(花の舞、つぼ八 他を展開)を抱えており、コロナ禍のの飲食店の惨状がダイレクトに影響しているようです。

 

 株価自体も長いトレンドでは上昇基調にありますが、ここ数ヶ月はジリ貧です。。

Yahoo Finance殿サイトより借用



 そう言う中でもキチンと増配し、商品券まで頂けるのはありがたいと言うしかなく、しかもやまやの商品券は有効期間が来年の12月末までですので、使い甲斐はあります。

 というのもビックカメラの優待券は有効期限が半年ですが、やまやの場合は6月に頂ける期末優待と来年の12月頭に頂ける中間優待と併せて9,000円分使えます。

 

 3,000円のウイスキー✕3本にせよ、9,000円のウイスキー1本にせよ夢は広がります。

 

 ナンテ、単純な・・・

 

有り難うございました。

11月の資産運用報告(2)・・・年末ラリーでもサンタラリーでも良い、明るく年を越したい

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 11月の資産運用ご報告の続きで、株式投資(ETFREIT含む)の運用成績(私の場合、運用と言っても基本はBuy & Hold)をご報告させて頂きます。

 

 「株式資産」の棚卸し結果は以下の通りです。(何れも配当込み)

 

     比率  対前月  年初来  取得来

・国内株   54.5% △ 7.3% △18.4% △48.7%

・米国株   33.4% ▼ 5.4% ▼ 2.7% △56.7%

・海外債    0.0%

・国内REIT  12.1% ▼ 0.4%  ▼ 2.7% △28.7%

・海外REIT    0.0%                

・株式合計  100.0%  △ 6.1% △ 6.0% △49.3%

 

 

【株式資産額推移】

 11月末段階での株式の資産額推移と、米国株の資産額推移をグラフで表示します。

資産額推移(株式全体)

資産額推移(米国株 上のグラフの内数)




 基本的に夫婦二人分のNISA枠240万円分相当を年度の購入枠として運用しております。

 

【2022年枠】(238.2万円)

221.1万円:昨年中に購入

17.1万円:1月購入(住商)

 

【2023年枠】(236.7万円)

112.4万円:昨年中に購入

  (武田薬品、QYLD他)

124.3万円:4月までに購入

(ARCC源泉税、SMFG、BHP他購入、VZ、QYLD、XYLD配当再投資)

 

【2024年枠】(230.4万円)

219.4万円:10月までに購入

(エレデバ・花王・商事・物産購入、みずほ・松井・オートバックス→商事・丸紅入替、BYND・RIVN・AFRM→AAPL・QYLD・XYLD入替、VZ・QYLD・XYLD配当再投資)

  11.0万円:11月購入

 (物産他利益確定買戻、BHP・QYLD・XYLD配当再投資)

 先月に引き続き物産他の利益確定して買い戻しました。売買差益は殆どなく源泉税で6.6万円徴収されています。

 

 懲りないオトコは、ついに株式投資5ヶ年計画の最終年度2024年枠の預金分をほぼすべて使い果たしています。

 後はいただいた配当金のみが投資原資です。寂しい限りです。

 

 年初来、購入累計金額は371.7万円です。

 

 投資額については、年初からの手取配当133.9万円を差し引いて、本年の投資額は237.8万円(グラフ上は2.4百万円)という金額で積み上げています。

 

 配当収入を、株評価額に加算して評価するか、取得額から控除して評価するかは人それぞれ流儀があると思います。

 

 資産額は前年末に対して、含み益が△185.4万円と株式新規購入が371.7万円になりましたので557.1万円の増となりました。(グラフ上は37.8→43.3百万円)

累計の含み益は1,049.4万円、累積受取配当は570.5万円、計1,6198.9万円となりました。

二番目のグラフの米国株の投資額は、新たなドル買いは有りませんでしたので、前月の0.3百万円のままです。

資産の評価額は前年末から▼13.8万円(購入82.1万円、評価損▼95.9万円)の減です。(グラフ上は14.6→14.5百万円)

 

【運用成績】

 11月末段階での株式の運用成績は下のグラフの通りです。累計利益率は久々の年初来プラスを継続しました。

 平均利回りは、今回の二連勝でも5%への道程は厳しいです。

株式資産運用成績



 併せて、金融資産全体の運用成績はグラフの通りです。「心の目標」3%は未だ遠いです。

金融資産全体運用成績


 

 株式資産の対前月騰落(配当除く)はプラス側の一番めのバーの右端で留まりました。

 2018年1月以来の59ヶ月の勝敗は38勝21敗となりました。

月次騰落(対前月 万円) 2018.1~ N=59



 ただし、2022年に入って以降に限れば、対前月騰落の勝敗は5勝6敗(まだ負け越し)です。

 

 

 

【受取配当額】

 11月及び通年の受取配当、分配金は以下の通りとなりました。

 年初来累計の受取配当は目標の年間配当120万円を大きく越えました。

 

         11月       2022年累計

・日本円    265.816円       812,357円

・米国$    43,442円(295.90$)   544,470円(4,212.84$)

・合計     309,258円     1,356,827円

 

 有り難うございました。

11月の資産運用報告・・・いよいよ年末ラリー突入か?(グラフの誤掲載修正しました)

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 11月分の金融資産の棚卸しです。

 

 11月のトピックスは、ここ暫くの常で米国の市場心理が、何か経済的に悪いニュースがあると、FOMCは利上げ緩和に舵を切るのではという倒錯した状況、まさに夏休み辺りから語られてきました、”bad news is good news”に陥ってしまったということに尽きるようで、月末最後の最後で「元祖火消しおじさん 改め手のひら返しおじさん」ことパウエル議長のインフレに対するファイティングポーズはかわらないものの、「12月は金利上昇ペースを下げるかも知んねえから・・・」という暖かい思し召しで市場は一気に好転しました。

 

 国内では、安全保障問題や経済対策よりも旧統一教会と政治の関係に明け暮れるマスコミをよそに・・・

 

 私の株式資産に関しては、7月、8月と本来「セルインメイ」に反して連続して対前月プラスを維持しましたが、9月は見事にナイアガラフォール状態でしたが、10月、11月はその下落分をほぼリカバリーしました。

 

 主だった指標と、並べて表記するのも烏滸がましいですが、私の株式資産(含むREIT,ETF、配当は含まない)の対前年末、及び対前月の実績は以下の通りです。

 

     21年末  10月末 11月末 

日経平均  28,791   27,587 27,968(円)

ダウ平均  36,338   32,732 34,589($)

NASDAQ 15,644   10,998 11,467

REIT指数 2066.33  2001.15 1970.04

 

株式資産 Base △144.6 △185.4(万円)

            (対前月△ 40.8(万円)

 

 各週ごとの推移はグラフの通りで、最終週は米国株等指標は好調でしたが、円高ですべて打ち消されました。

折線:指標推移(対前月 % 左目盛り)、棒グラフ:資産推移(対前月 万円 右目盛り)



 大まかに言うと、対前月は国内株△132万円、REIT▼4万、米国株が▼87万円という感じでした。この一ヶ月で為替はほぼ148円後半からほぼ138円まで8.7円ほどドル安になりましたので、米国株はドル安で▼88万円の✕、ドル建てで△1万円の◯という水準でした。

 

【資産構成】

11月のリスク性、非リスク性資産の比率の変動要素は以下の通りです。

・リスク性資産変動要因

投資信託の積立(+10万円 従来からの継続)

投資信託売却(-838万円)

株式購入(約+11万円)

株式評価増減(約+41万円)

投資信託の評価増減(約+32万円) 

・非リスク性資産変動要因

投信積立による取崩し(-10万円) 上記に同じ

投信売却(+821万円 源泉税17万円控除後)

株式購入による取崩し(約-11万円)

受取配当(+31万円)

企業年金支給による取崩し(-19万円)

 

 非リスク性資産が812万円減少、リスク性資産が774万円増化しましたので、リスク性資産の比率は54.5→45.95%に大幅に減少、現金が増えました。

資産構成

 それぞれの資産毎の騰落は以下の通りです。

 (株式の対前月、年初来は配当除く、取得来は配当込み)

 

     比率  対前月             年初来   取得来

・株式   37.6% △1.0%(△ 40万円)  △ 4.5% △49.3%

投資信託  8.3% △4.0%(△ 32万円)  ▼ 6.3% △19.6%

・預金   31.1%

企業年金 23.0%

 

 2022年11月末時点のリスク性資産(株式+投資信託)の向け先別(株式、債券、不動産及び国内、海外)の比率は下のグラフの通りで,海外向け債権不動産の投信を売却したので、日本株の比率が大幅に増えました。

リスク性資産 向け先構成



 申しわけありませんが、明日に続きます。

 

有り難うございました。

玉木代表予算委員会で「ウハウハ」財源に切り込む・・・ただ、笛吹けど誰も踊らず

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 

deokureojisan.hatenablog.com

 

 でも取りあげましたが、外国為替資金特別会計(所謂外為特会)の活用(特に防衛予算への)について、国民民主党玉木雄一郎代表が、衆議院本会議での代表質問に続いて、漸く11月28日(月)の予算委員会で取りあげ、政府の中でも防衛予算等への外為特会の活用の検討に入った・・・のですが、メジャーマスコミ(新聞、テレビ等)は全く今の所本件には触れていません。

 

 唯一取りあげたのが、共同通信の以下の記事、

nordot.app

 と、共同通信から配信された記事で成り立っている地方紙のみでした。

 たったの二行という短さが、不快感を表しているとしか思えません。

 

 大手マスコミが一切口をつぐんでいるのは、上記の記事(二本目の追記部分)でも取りあげましたが、元内閣官房参与嘉悦大学教授の高橋洋一氏の言うところによると、財務省から箝口令がしかれているのではないかとのことでした。

 

 今や最大の埋蔵金と言われている外為特会について触れられるのは余ほど都合が悪いのでしょう。

 

 しかも、今話が出ているのは外貨保有の為替差益の部分だけで、外為特会そのものの必要性についてまで踏み込んだ話にはなっていません。

 岸田ソーリは外為特会について「為替の安定化のために必要」と本会議で玉木代表の代表質問に答えましたが、

 「変動相場制の国で、なんで為替安定のための資金が必要?」

 とは、不思議なことに誰も突っ込みません。

 

 下のグラフは、G7各国のGDP(2021年ドル建て)に対する外貨準備高(同)の比率を比較したものです。

外貨準備高の対GNP比率(%)



 日本だけが突出して高いのが判ります。

 EU諸国は外需頼みの国が多いので、ブランド品や観光メインのフランスやイタリアは比較的高めです。

 それにしても我が国がこれだけ多いというのは、過去に自国通貨高回避のために介入してきたことを自白しているようなものです。

 勿論、我が国は世界最大の債権国であり、対外資保有国ですので、ことある毎に自国通貨高になりやすいという背景を有していることは確かです。

 

 外貨準備高が最も多いのはあの◯国ですが、GDP比では日本の方が上です。

 

 そんなに貯め込んでナニがしたい!

 

 本来これを取りあげるべき萩生田政調会長統一教会絡みで口を塞がれ、前政調会長「我らがサナエちゃん(高市早苗大臣)は閣内に取り込まれて身動き取れず・・・

 

 結果として、前回記事と同じことを書かせていただきますが、

 「ナンデ、野党の肩を持たなければならないんだよ!!」

 

有り難うございました。

生協デビューしました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 生協デビューしました。

 

 家内の跡をどうするかというのは・・・悩むことはありません。私が新会員として生協に加入することにしました。

コープみらいホームページより借用



 ご近所さんとのシガラミとかそう言うわけではなくて、コープみらいが届けてくれる「つや姫」を上まわる外れの無いお米になかなか出会えていないし、他にもコープならではの商品もあるから、と言うのが単純な理由です。

 

 

 月曜日が配送日でしたので、イソイソと奥様方の中へ・・・と言うわけには行きません。

 

 家内が留守の時や体調を崩してからは、他のメンバーのかたの負担になるので、冷蔵品や冷凍品は極力注文しないようにしていましたが、お米のような重いものもあり、集配場所(たった二軒先のお宅)に代わりに取りに行こうか、と言うと、家内から

「ダメ!」

と、止められていました。

 

 家内がいないときは、メンバーの一人の方が我が家の玄関先まで運んできてくださるので、大変申し訳ない思いで一杯でしたが・・・

 

「ご近所の奥様方が気を遣うから、出て行くな」

 

 と、言うことのようでした。

 

 確かに、奥様方が集まって情報交換や憂さ晴らしをしているところにジジイがノコノコ出て行くと「お邪魔虫」以外の何者でも無かろうと思いますので、メンバーのご厚意に甘えることとしました。

 

 初日、11月28日はまだ事前に注文できる体制に無かったので、カタログだけが郵便受けに入っていました。

 

 この日から注文できると言うことでしたので、取りあえずアプリをダウンロードして、ログインしてみたら、新入会員特典の無料食パンが既に注文され、カートに入ってていました。

 

 手続きに来たコープの営業のお兄さんが第一週目は食パンが無料ですが、それで良いかと聞いてきたので、その時に入力してくれていたのか、新入会員に対してはそれがデフォルトなのか・・・

 

「親切」もここまでされると・・・

 

有り難うございました。

【小ネタ二題】巴戦の公平性と株式市場はゼロサムゲームか?

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

【巴戦の公平性】

 今場所は、あまり見ていなかったのですが、大相撲九州場所は巴戦の末前頭9枚目の阿炎関が優勝しました。

 前頭筆頭の高安関と大関貴景勝を連破した阿炎関が見事に優勝しました。

 

 阿炎関の健闘にケチをつける積もりは毛頭ありませんが、以前から巴戦は不公平だという声が度々上がっていましたが、相撲協会は全く改めるつもりは無いようで、NHKの放送でもその辺りを踏まえた解説は全くありません。

 

 念のため、巴戦のルールを説明すると、A、B、Cの三人で優勝決定戦を行うに当たって、予めくじ引きにより最初にA対B、次にその勝者対C、2回戦の勝者対1回戦の敗者・・・

 と繰り返し、誰かが二連勝したところで優勝とする、と言うものです。

 

 これが何故不公平かと言えば、最初に控えに廻った力士(上記のC)が取組数が少ないので三者の力が均衡だとしてもCは不利にならざるを得ないのです。

 

 勿論くじ引きですから、結果によって有利不利があるのは当たり前です。

 

 3人でトーナメント方式で優勝決定する場合は、1回戦不戦勝の人が圧倒的に有利ですし、観客も解説も、勿論闘う当人達もそう言う気持ちで臨むのですが、巴戦になると何故か最初のくじの運不運を誰も言わなくなるような気がします。

 

【株式市場はゼロサムゲーム?】

 私自身あまり投資家さん(敢えて同業なんて烏滸がましいことは言いませんが)のツイッターをフォローしているわけではありませんが、「テスタ」さんだけは数少ない例外です。

 

 テスタさんと言えば少ない元手から約50億円近い利益を上げて来たと言うことで、モーサテ初めとしたメディアにも露出しています。

 

 言うまでもなく、全く私とは投資手法も異なりますので「投資の参考」などという気持ちでフォローしているわけではありません。

 直接お合いした事もないのですが、ツイッターやメディアでの発言を見る限りでは、彼はとても人柄が誠実で優しい方と感じたからです。

 

 色々絡んでくるリプライにも、そこまで付き合わなくても・・・と言うくらい丁寧にリプライを返しています。

 

 最近も妙なのに絡まれていまして、先週末のことですので、リプライを遡るのも大変ですが、要約するとテスタ氏に

 「貴方の資産は株で負けた人のお金」

 と、いかにも株式市場がゼロサムゲームである事を前提に絡んできたのが発端でした。

 

 俄然スレッドが活況を呈し、テスタ氏の擁護派(というか株はプラスサムだろうと主張)と個別の妙な事例を挙げて絡む方のバトル状態でした。

 例を挙げると、(出遅れおじさんが勝手に意訳)

 「100円で買った株が1,000円になったとき、テスタ氏の利益900円は、100円で売った人の得べかりし利益を奪ったもの」

 と言う超謎理論や、

 「100円で買ったものを200円で売ったあと、株価が100円に戻ったら、200円で買った人の損失が、テスタ氏の利益として移転したもの」

 と、どこからそんなこじつけが・・・と思うような書き込みまで様々でしたが、ここでもテスタ氏は丁寧に返信しており、頭の下がる思いでした。

 

 株式市場がゼロサムか否かは時価総額の推移を見れば明らかで、1981年から2022年4月までの東証一部の時価総額(年末終値)の推移は下のグラフの通りです。

東証一部時価総額推移(年末終値、単位:兆円)



 41年間で、バブル景気や崩壊の下落、リーマンショック等浮き沈みはありますが、87.9兆円から714.3兆円へ8.1倍(=年率5.2%)になっています。

 直近のアベノミクス以降(2012年から10年間)を言えば、296.4兆円から2.4倍(=年率9.4%)に成長しています。

 

 物事を冷静に考えられない人が多いのも驚きますが、自分の損失で人を逆恨みするような方に、市場への参加資格があるとはとても思えません。

 

有り難うございました。

11月の投資信託の運用状況

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

月末になりましたので、私が保有する投資信託の運用状況をご紹介したいと思います。

(各投信とも決算日断面、or積立日断面です)

 

 

【米国リート三兄弟】

 下記米国リート三兄弟は以下の投信のみとなりました。(単位:千円 以下同)

 

      (取得)  (10月) (11月)  (対前月) (取得来)

・ゼウス      74   101   100 (▼ 1.0%) ( 35.1%)

・大和米国R   822 1,751 1,841  (  5.1%) (124.0%)

 (合計)        896 1,852 1,941 (   4.8%) (116.6%)

 

 ゼウスは、NISA口座枠の穴埋め用で少額ずつ購入していますが、当然分配金は再投資できませんので、各月の残高は当月残高と累計の受取分配金との合計を残高としています。

 大和米国Rは古くから保有している口座のみが残りましたので、騰落率は100%以上となっています。

 

【国内株式】

     (取得) (10月) (11月) (対前月) (取得来)

・ひふみ 5,550 5,863 6,024  ( 2.7%) ( 8.5%)

 

 ひふみ投信自体には「決算日」は無く、家内名義口座の積立日を便宜上決算日としていました。それも無くなりましたが、これまで通り、13日(またはその次の営業日)を引き続き決算日としています。

 

低空飛行は続きます。

 

【海外株式】

        (取得) (10月) (11月) (対前月) (取得来)

eMaxis全世界  100   50  102    ( 2.0%)  ( 2.0%)毎月5万円積立中

 

 多少上向きのようです。

 

 

【海外債権】

        (取得) (10月)  (11月) (対前月) (取得来)

eMaxis先進債 1,500 1,496  1,559  ( 0.8%)  ( 3.9%) 毎月5万円積立中

 

 手堅いと言えば手堅いファンドです。

 

【総額】

 まだ、積立中の投信もあるので月々の経過を評価するのは難しいのですが、全体合計は以下の通りです。

 

    (取得)  (10月)  (11月) (対前月) (取得来)

・総額  8,045  9,254  9,624 (  4.0%)  (19.6%) 毎月10万円積立 

 

 取得価格約1,400万円分の600万円、評価額1,800万円の800万円強を売却しましたので、早い話が美味しいものだけ売却してしまいましたので、残ったファンドは手堅いと言えば手堅い、パッとしないと言えば、パッとしないものだけ残ってしまったと言えなくもありません。

 

有り難うございました。