出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

東京都の陽性者と亡くなった方の日々の推移のデータを見つけました(昨日の続き)

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 昨日は東京都の日々の陽性者と無くなった方の推移のデータをギリギリまで探していたのですが、意外なところで発見しました。

 

 何のことはない、普段覗いている厚生労働省のオープンデータのサイトからダウンロードしているエクセルファイルに昨日あたりから日ごとに全国及び都道府県毎の陽性者と無くなった方(厚生労働省は死亡者と表記 どうでも良いですがエクセルファイルのファイル名はdeaths・・・驚愕)のデータが見えるようになっていました。

 

 データ探索能力の低さを露呈してしまいました。

 

 改めて、7月29日までのデータが入りましたので、全国と東京都の日々の陽性者と無くなった方の推移(7日間平均)を掲示します。

 

f:id:deokureojisan:20210730224613p:plain

【全国】青線:陽性者(左目盛)、赤線:死亡者(右目盛)

f:id:deokureojisan:20210730224728p:plain

【東京】青線:陽性者(左目盛)、赤線:死亡者(右目盛)


 

 7月29日の7日間平均の陽性者数が、コレまでのピークを越えて過去最高になっています。

 上記のそれぞれのグラフの6月1日以降を拡大したグラフを掲示します。

 

f:id:deokureojisan:20210730224827p:plain

【全国】上記グラフの6月1日以降を拡大

f:id:deokureojisan:20210730224916p:plain

【東京】上記グラフの6月1日以降を拡大


 

 今回第5波と呼ばれているピークの増え始めが全国の陽性者数はグラフ中に記載していますが6月21日でした。その4週間後は7月19日です。

 同様に東京都の今回の増え始めは6月19日で、その4週間後は7月17日です。

 

 東京都に関しては「4週間後の日」以降亡くなったは低位に推移していますが、見ようによっては若干増えているようにも見えます。これは20日以降無くなった方がゼロの日が何日かあり、数が小さすぎて変動が大きく見えている可能性はあります。

 いずれにせよ前回のピーク(2021年1月以降)に比べ亡くなった方の数は大幅に減少しています。

 

 最近の株価の動向も、感染の減少傾向が見られる欧米に比べ感染拡大が続く日本は・・・と解説する方もいますが、欧米と日本でそもそも人口あたりの陽性者数も無くなった方の数も桁違いに日本は少ないのです。

 

何度でも言います!

 

それでも緊急事態宣言と蔓延防止措置の範囲を広げ、期限を延長するのですか?

それでも飲食その他の業界の方々にこれ以上の犠牲を強いるのですか?

もう少し科学的に議論できる方はいないのですか?

 

有り難うございました。

東京都の陽性者急増にワクチン効果訴え都知事トーンダウン・・・コレってただの保身?

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 東京都の新型コロナウイルスの新規「陽性者」が27日2,848人、28日3,177人と連続して過去最多となりました。

 

 何時もながらのコメントで恐縮ですが、敢えて括弧付きで「陽性者」と表記したのは、マスコミが言う「感染者」と区別したいからです。

 ただし、決して違う数字を上げているのではありません。

 

 今回数字を引用した東京都の特設サイトにも、普段引用している厚生労働省のオープンデータサイト、およびこれをビジュアルに見せて下さる東洋経済誌殿サイトでも、表記されている数字は「陽性者」です。

 

 ただ、マスコミの皆さんの日本語変換ソフトに異常があるらしく、「ようせいしゃ」と入力すると「感染者」と変換・・・・(失礼しました)

 

 私は医療関係者でも医師でもないので、私如きの素人が「陽性者」と「感染者」の定義の違いを記載するのは遠慮しますが、マスコミの皆さんとしては、「感染者」と書かないと「コロナ怖い!」という臨場感に欠ける、と恣意的に言い換えているとしか思えません。

 

 東京都のこれまでの陽性者の最多は本年1月7日の2,520人ですから、第3波と呼ばれる時期の最多人数を26%も超過したことになります。

 

 勿論、マスコミは「大変だ!」と騒ぐばかりで、挙げ句に菅総理のブラ下がりで「東京オリンピックの中止の可能性は?」なんて質問する記者まで表れる始末でした。

 

 ところが肝心の東京都並びに首長である小池都知事の言い方のトーンが多少変わってきているのはお気づきになっていますか?

 

 勿論、都民に対する「感染抑止のための行動の自粛の呼びかけ」に関して変わりはありませんが、マスコミに対しては、都知事のみならず福祉保健局長も、27日夜「いたずらに不安をあおらないでほしい」と発言したとのことです。

 陽性者が1月以来の最高値となった事に関して、「陽性者数だけの問題では無い。ワクチンのあるのと無いのと(状況の)違いはしっかり伝えてほしい」という趣旨のようです。

 (当段落の「 」内は日経サイトよりの引用です)

 

 要するに陽性者数が1月の第3波の最大値を超えても、今は高齢者を中心にワクチン接種が進んでおり、高齢者が中心であった容態の重篤化のレベル、さらにはお亡くなりになる方の数が当時とは比べものにならないくらい改善していると言う背景を伝えて欲しいと言う趣旨でしょう。

 

 実際、今年1月の第3波の時点では、7日間平均で毎日15から20人の方が亡くなっていた(1月末~3月上旬)のに比べ、今回亡くなった方は7月20日以降8日間で平均1.1人強(最大は21日に4名、4日間は0人)と10分の一に低下しています。

 (このデータは東京都のサイトでは見えないので、東洋経済殿サイトから数字を引用)

 

「今頃になってなんでそれを言う?」

 

 と声を大にして言いたいです。6月の下旬以降の今回の第5波で陽性者が増え続ける中、幾らタイムラグがあるにせよ、亡くなる方が徐々に減って来ているのは判っていたでしょう。

 

 それとも、余りの想定外の陽性者の増加に、

 

「(都知事の強硬な意見で)オリンピックを無観客にしたのに増えている!」

「このままでは(自分が主催者の)オリンピック中止の世論が高まってしまう!」

 

まさか

 

「この状況では誰にも責任を転嫁できない!」

 

なんて、思っていないでしょうね。

 

はい、私の小池都知事に対する心は大きく歪んでいます。

 

【お詫び】

 本来、東京都の陽性者と死亡者の推移をグラフで表示して、記事にすれば良かったのですが、まだエクセル等データが拾えるサイトが見つからないので今回は失礼します。

 また、前回26日に記載した全国の陽性者と死亡者の7日間平均の推移の29日公表値までの推移は、以下のグラフの通りです。(7日平均なので、昨日のデータも過去の最高値には至らず)

 

f:id:deokureojisan:20210729220928p:plain

青線:陽性者(左目盛)、赤線:死亡者(右目盛)

f:id:deokureojisan:20210729221056p:plain

上記のグラフの6月1日以降のみを拡大表示


 

有り難うございました。

米国に対抗(?) 中国も巨大IT企業への規制を強化・・・コレって自縄自縛??

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 今朝(7月28日)は目覚めが・・・

 米国市場は7月27日(米国時間)は6営業日ぶりに三指数ともに大きく下落しました。5連騰していたのが漸く止まったと言うところでしょうか。

 日経平均も今日は400円近くの下げとなりました。

 

 昨日はモーサテ出演のロールシャッハ・アドバイサリーのジョセフクラフト氏による現米国政府のGAFAを初めとした巨大IT企業への規制強化への警鐘を記事にしました。

 

 それに負けじ(?)と言うわけでもないでしょうが、中国の自国IT企業への規制の強化の懸念によって昨夜の米国市場の下げに繋がったとの見方が広がっているようです。(モーサテの請け売りです)

 

 昨日の記事でも書きましたが、今週はGAFA等巨大IT企業の4月~6月期の決算発表が目白押しで、昨日発表のアルファベット(GOOGL)の決算はアナリスト予想を大きく上まわり、売上高は対前年同期比1.61倍(アナリスト予想1.46倍)、1株利益は2.7倍(同1.89倍)と言う結果でした。

 

 株価は? というと42.7$(-1.6%)の下げ。

 昨夜はこの好決算でも逆風でした。

f:id:deokureojisan:20210728222941p:plain

Yahoo Finance殿より借用


 

 で、火元の中国IT株はどうかというと、アリババグループ(BABA)は先週末から2日で約10%の下げ、ディディ(DIDI)は先週末には10$割れをしていましたので今週に入っての値動きは殆ど無い状態です。ディディは先月末の上場からほぼ半値に下げています。

f:id:deokureojisan:20210728223105p:plain

Yahoo Finance殿より借用

f:id:deokureojisan:20210728223147p:plain

Yahoo Finance殿より借用

 

 中国の狙いは何なのか?

 

 一番に言われているのは、「これらのIT企業の活動を通じて中国国内のデータが海外に流出するのを防止する」事ではないかということですが、今ひとつ説得力はありません。

 

 米国関係者にしてみれば

「データの窃取は、オマエらの得意技だろうが!」

 と言いたいかもしれません。

 

 二番目に言われているのは、「極度の富の集中の回避によって国民の不満のガス抜きをする」と言うことのようですが、言うまでもありませんが、「富の集中」なら国営企業の方が怨嗟の的になっております。

 

 で、最終的に言われるのは、「巨大IT企業に対して共産党の統制が効かなくなることへの予防策」と言うことのようで、コレが一番説得力がありそうです。

 

 アリババの創業者のジャックマー氏が当局に拘束されたのか暫く行方が判らない時期があったとき、石平氏(中国から帰化)が、「中国人は金を貸してくれる人を一番大切にする」と言っていたのを思い出しました。

 すでにアリババによる利用者への与信は巨額なものとなっており、中国共産党の逆鱗に触れたのだろうとのことでした。

 

 しかし、自分たちの支配体制の維持のために、今一番アメリカに対抗して成長してきた分野を摘み取りかねない行為は、技術の発展や投資の呼び込み等の国家発展の原資を放棄することに他なりません。

 

 国家の発展より支配体制の強化を重視するようなこの国には将来は無いと言っても過言ではありません。

 

有り難うございました。

【モーサテ日記】「本性現したバイデン」クラフト氏の警鐘は心に刺さるが・・・

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

【おことわり】

 「モーサテ日記」は以前モーサテのキャスターをされていた佐々木明子さんの日経マネー誌の連載タイトルです。佐々木明子さんがWBSに異動されて連載タイトルが変わりましたので勝手にパクっています。

f:id:deokureojisan:20210322221342j:plain

テレ東殿サイトよりかってに借用

 今週の騰落、というか今週は月の最終週ですので、月次の資産運用状況のご報告で(多分31日以降に予定)で触れるべき話かも知れませんが、今週のトピックスはFOMC(連邦公開市場委員会)と、ハイテク大手企業GAFA(私の場合はフェイスブック株は保有しておりませんのでGA・Aですが)の4月~6月期の決算発表が目白押しだと言うことでしょう。

 

 各企業の決算発表は「ナーンと無く」株価に織り込み済みのようで、週明けの米国市場は3指数ともに最高値を更新しました。

 

 そんな中、今朝(7月27日)のモーサテの「プロの眼」のコーナーのゲスト、ロールシャッハ・アドバイサリーのジョセフクラフト氏が「巨大IT企業への規制強化。反応薄のハイテク株に危機感」と言うテーマでこれらのハイテク企業に警鐘を鳴らしました。

 

 自分で言うのもナンですが、私を含む比較的保守系の思考の人間にとって、ジョーバイデン大統領への政権交代において、一番懸念されていたのは「対中国姿勢の変化」でした。

 しかしさすがに中国がここまで香港や、台湾、ウイグル等人権問題で目に余る状況になった状況下では、「人権重視」の民主党としてはむしろトランプ大統領時代よりも強硬な姿勢にならざるを得ない状況で、一安心と言って良いと思います。

 

 残るは、選挙で大きな貢献をした党内「極左」勢力をどう丸め込むかと言うことになっておりましたが、やはり国内経済政策ではとんでもない人事をやってくれました。

 

 3月中旬のニュースですが、FTC(米連邦取引委員会 日本の公正取引委員会に相当)の委員長に規制強硬派のリナ・カーン氏を指名、6月15日に就任しました。

 

 本来、トラスト法は我が国の独占禁止法が私的独占等支配力の過度な集中を規制することに主眼を置いていることに対して、競争を減殺する恐れのある不当な独占を禁止することを目的としているので本来独占体制自体を禁止するものではありません。

 

 ただ、彼女はバリバリの巨大IT企業(に限らずとも独占的地位の)企業の存在自体を許さないという論者だそうで、GAFA各社の天敵と言って差し支えないでしょう。

 

 クラフト氏によれば今の米国は司法省のトラスト法部門のトップにジョナサンカンター氏、国家経済会議のテクノロジー・競争政策担当の大統領特別補佐官にティムウー氏が就任しており、反トラスト三銃士と言われているとのこと。

 コロンビア大の准教授時代からアマゾン(AMZN)を追求してきたリナカーンFTC委員長、グーグル(GOOGL)への批判的姿勢で知られるジョナサンカンター氏、ティムウー氏の3人がそろえば「満貫」状態と言っても過言ではありません。

 

 それに加えて、クラフト氏の今朝の解説では「反トラスト法執行における州変更に関する法案」が審議されているとのこと。

 米国の各州は「独立国」で、各州保守からリベラルまで旗幟鮮明ですのでこの法案が通れば自分の主張に有利な州を訴訟の場に選べるようになるとのことです。

 

 もう、「大企業をつぶすためなら何でもあり」と言っても差し支え有りません。

 

 クラフト氏は、各社も、市場もその辺りの危機感がイマイチ乏しいと言う警鐘を鳴らしていました。

 

 で、それを聞いて

「オマエは「GA・A」株に見切りをつけるのか?」

 と問われても、今手放す気にはなれない危機感に乏しい私は「逃げ遅れおじさん」への道へまっしぐらかもしれません。

 

有り難うございました。

ワクチン接種状況とワクチン接種効果・・・非科学的なプロパガンダに騙されないで!

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 先週7月21日のワクチン接種に関する記事の中で、21日集計で74百万回目前、

「多分明日の集計では75百万回を超えているでしょう。」

 等とのんきなことを言っておりましたが、22日からオリンピック連休に入りましたので、内閣府のワクチン接種纏めサイトはずっとお休みで、データ更新はありませんでした。

 下でご紹介する厚生労働省の日々の陽性者と死亡者の推移は休日の間も更新されているんですが・・・

 まあ、「働き方」として、どちらが適正なのか、議論はあるでしょう。

 

 26日公表データではワクチン接種回数は77,726,929回似なりました。

 人口あたりの接種率は1回目完了36.4%、2回目完了24.8%です。高齢者に限れば1回目接種完了は84.2%、2回目接種完了は66.3%となっています。

 

 日々のワクチン接種状況の推移は以下の通りです。

 

f:id:deokureojisan:20210726224111p:plain

内閣府公表データを出遅れおじさん集計

 

 例によってワクチン接種管理システムへの入力が遅れているのは確かなようで、ここ1週間の接種回数が下がって見えるのはその通りなのですが、それ以上に下がって見えるのは、64歳以下の方々への接種段取りに手間取っているのが影響しているのかも知れません。

 いずれにせよ、我が国のワクチン接種の進展は驚異的で,「数で勝負」の中国を除けばワクチンの接種ペースは世界一です。(マスコミの皆さんは触れたくないようです)

 

 ここまでワクチンの接種が進めば明らかに感染状況にも変化が生じています。

 マスコミの報道姿勢を見る限りは、陽性者(毎度の指摘で恐縮ですが、感染者ではありません)の数字が増えていることばかりが強調されていますが、高齢者の感染は明らかに減少してきていますし、高齢者の間で深刻であった、重症化ひいては死亡者数は明確に低下傾向にあります。

 

 全国の検査陽性者の推移と死亡者数の推移を1つに纏めて見せてくれるサイトが見当たらなかったので、厚生労働省のサイトから数字を拾ってきました。(7日間平均で表示)

f:id:deokureojisan:20210726224315p:plain

厚生労働省データより出遅れおじさん集計

(陽性者数:左目盛り、死亡者数:右目盛り)

 陽性者の推移と死亡者の推移を見比べて頂くと明らかですが、死亡者の推移は陽性者よりタイムラグがあり、平均すると4週間です。

 これは初期の段階から言われてきたように、感染から発症が2週間、発症から重篤化が2週間という時間経過を反映していると思われます。

 

 このグラフで直近の陽性者数のボトムは6月21日です。そしてその4週間後は7月19日なので、従来のパターンですとここからお亡くなりになる方の数が増え始めるところですがむしろ顕著に減少してきています。

 ご参考までに上のグラフの6月1日以降を拡大表示した者を掲載します。(7日間平均値)

 

f:id:deokureojisan:20210726225918p:plain

上記のグラフの6月1日以降のみを拡大表示

 今、イギリスで極度に陽性者が増大傾向にあるのに、行動制限を大きく緩和しようとしています。これは緩和したから感染者が増えているのでは無く、明確に死亡者数が減少してきているとの確証が得られたためボリスジョンソン首相は行動制限緩和に踏み切ったのです。

 

 非科学的な喧伝に流されず、科学的な思考でキチンと経済を立て直して頂きたいと思います。

 

有り難うございました。

カタログ優待家庭内会合方針固まる・・・長期保有優待銘柄は「貸株設定」にご注意を!

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 以前の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 

 で、オリックス(8591)、KDDI(9433)の株主優待カタログギフトの商品選択方針に関わる家庭内会議の状況について、選択肢並びに好き勝手な意見が多すぎて紛糾、継続検討となったとのご紹介をしましたが、漸くこの度結論を得ました。

f:id:deokureojisan:20210707223224j:plain

お楽しみ カタログ優待


 

オリックス

 

 一番テンションの上がるオリックスのAコース(3年以上保有)は

 

<大金畜産熟成旨肉>北海道産牛ステーキ 150g×3・・・王道でしょう!

 

 同Bコース(3年未満保有)は

 

<京つけもの西利>花かご 12品・・・しばらくはご飯のお供が充実!

 

<山田養蜂場>国産蜂蜜3種セット 120g×3

 

 最後の蜂蜜セットは、娘の保有株の優待品です。

 


 ご相伴にありつける! と言う期待もありますが、逆に何か持って帰る気満々?

 でもここは父親としての懐の深さを・・・

 

KDDI  何れも5年未満なので花月コース

 

<札幌バルナバハム>生ハム食べ比べセット・・・赤ワインのお供に!

 

<千本松牧場>アイスクリームセット・・・やはりコレ、我が家の定番です!

 

 6月末の株主総会シーズン明けのお楽しみも後は到着を待つばかりです。

 

株主優待で重大な手抜かりが・・・】

 

 実は、娘が

「あと2年すればオリックスAコース♡♡

 などと、楽しげに家内のカタログを眺めているのを見て、私、重大な手抜かりに気づいてしまいました。

 

 オリックスKDDIは私と家内のそれぞれの大和証券の口座で保有しており、貸株の設定など何もしていないのですが、今年の5月に購入した私名義のヒューリックは楽天証券保有しております。

 

 実は、楽天証券の国内株はすべて「貸株」に出しています。

 

「1万円の無駄遣いはしても、100円の手数料と1円の金利は譲れない!」

 を生活信条としている私としては、たかだか月数百円とは言え貸株金利に惹かれて貸株を利用しておりました。

 

 勿論、年金生活移行後、多分本年分から(?)は確定申告で、総合課税を選択した方が有利と思われますので、貸株も「配当・優待優先コース」を選択しております。

 

 このコースを選択すると、配当・優待の権利落ち日直前には貸株が解除され、それぞれの配当や優待を確保できます。勿論、配当控除も受けられます。

 ただ、保有年数は毎年(銘柄によっては半年ごとに)リセットされますので、長期保有の優待優遇は受けられなくなります。

 

 小心な私は、団らんの中、そっとトイレに行く振りをして、別室に異動して楽天証券にログインし、「ヒューリックの貸株返せ!」と設定を変更しました。

 フーッ! 12月末(ヒューリックは12月決算)までに気づいて良かった。

 

皆さんもご注意を!!

 

有り難うございました。

7月第4週末の騰落・・・日本がオリンピック休場の間に米国株は新高値更新

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 常々このブログで申し上げておりますとおり、基本的な私の投資スタンスは、

・長期保有

・配当重視

 ですので、基本的には株価の上げ下げは本来余り気にしないようにはしており、日々の証券口座残高の集計値の推移は一喜一憂しないつもりでは有りますが、しっかりチェックはしています。

 

 7月第4週末の資産状況のご報告です。

 

 第4週のトピックスは、というかイベントがあったわけでも無いのですが、「日本がオリンピックで休場している間に米国株絶好調!」と言うことに尽きるでしょう。

 米国では各企業とも4月~6月の四半期の決算が好調なようで、金融業界から始まって、昨日(7月23日)はアメックスの決算が好調で、「カードの利用が・・・スワッ 消費拡大!」と私でも出来る連想ゲームでも無いでしょうが、景気回復期待等も有り今週の相場はほぼ一方的に上げ基調でした。

 あれほど前週はCPIが市場予想を大きく上まわって、インフレの予兆でテーパリングの懸念が取りざたされてはいましたが、10年債利回りは1.2~1.3%のレンジに収まってしまいました。

 結果としてダウ30平均(終値で35千$突破)、NASDAQ指数ともに最高値を更新しました。

 

 一方、日本の市場は、いよいよオリンピックが始まるという期待よりも「大丈夫か?」という不安が買ってしまったのか、マスコミの陽性者(マスコミが言うように感染者ではありません)の急増の喧伝に不安心理をかき立てられてか、3営業日しか無いのに、経済ニュース的には「乱高下」と有りましたが、どちらかというと一方的に下げ基調でした。

 これまで好調だった東証REIT指数も今週は下げました。

 

 7月第4週末までの主だった指標と、いつもながら並べて表記するのも烏滸がましいですが私の株式資産(日米株式、REIT等含む)の6月末との対比は以下の通りです。

 

     6月末  1週末    2週末  3週末   4週末

日経平均  28,791  28,783  27,940 28,003 27,548(円)

ダウ平均  34,502  34,786  34,870 34,687 35,061($)

NASDAQ  14,503  14,639 14,701 14,427 14,836

REIT指数 2150.73 2162.16 2174.61 2177.76 2154.08

 

株式資産 Base   △39.0   △22.4  △34.2  △19.5(万円)

f:id:deokureojisan:20210724221453p:plain

折線:指標推移(対前月 % 左目盛り)、棒グラフ:資産(対前月 万円 右目盛り)


 

 私 出遅れおじさんの株式資産は6月末に比べ、一旦は上昇の気配でしたが、第2週、第3週と、週半ばには揚げては週末に萎みを繰り返し、今週はダダ下がりで先月末に対してギリギリ水面首だし状態となりました。

 

 対前月末の差異の内訳は、大まかに言うと米国株資産が28万円弱増、日本株REIT資産が8万円の減という状況です。

 先月末に比べドル円相場は0.5円ほど円安になっていますので、米国株式資産は7万円円安で◯,ドル建てでは21万円上昇という感じでしょうか。

 

 日本株REITの峻別は出来ておりませんが、指標から見て、先月月末に対し日本株は大きく☓、REITはチャラという状況ではと思います。

 

 私の株式資産(日米株式、REIT等含む)の月次騰落(対前月末)分布に7月第4週末までを当てはめると、プラス側のギリギリの位置に踏みとどまっています。

f:id:deokureojisan:20210724221610p:plain

月次騰落(対前月 万円) 2018.1~ N=42


 

 ワクチン効果(と私は信じていますが)によりさらに上昇の風に乗れるのか、コロナショックからの一日も早い回復を切望するところです。

 

 相場の上げ下げを気にしないと言っても上がれば嬉しいし、下がれば悲しい、ただ上がり過ぎれば落ち着かないというわがままばかりを言っておりますが、いずれにしても、上がった、下がったと騒いでみても、この◯☓は「含み益」「含み損」である事には変わり有りません。

 

有り難うございました。