出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)より分配金を頂きました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 Iシェアーズ優先株式&インカム証券ETFより分配金を頂きました。

このETFについては約半年前の10月9日にご紹介しましたので過去の記事
deokureojisan.hatenablog.com

をご参照ください。

 

 一言で言えば、優先株(議決権が無い代わり高配当)とハイブリッド証券(株式的性格を持つ債権)を投資対象としています。「配当命!」の投資家の間ではよく知られたETFです。

 配当金等で米ドルが貯まるとせっせとPFFを追加購入していたのですが、いまはエイリスキャピタル(ARCC)かAT&T(T)を購入する事が多くなっています。

f:id:deokureojisan:20210411231508p:plain

Google殿サイトより借用


 

 前回報告以降の主だった変化は、株価(正しくは投資口価格と言うべきでしょうが)がジリジリと38$台後半まで改善し、ほぼコロナ直前の最高値38.2ドルを回復しています。

 逆に後で述べますように分配金はジリ貧になっています。

 

 このETFは毎月分配ですが、毎月均等というわけでは無く、2月頭から12月頭まで11回の権利落ち日が有り、12月はさらに中旬にもう一度権利落ち日があって、期末賞与的というか、日本の証券口座ですとお年玉のように分配されます。

 その代わりというわけでも無いでしょうが、1月頭を権利落ち日とした分配はありません。

 

 12月の2回目の分配金は年間の利益の精算的な要素があるのではないかと推察しています。

 

 月次の分配金も減少気味ですし、円末の分配金は今回大幅に減少しました。

 

直近3年間の分配実績は以下の通りです。

2018年2月~12月 1.904703$(月平均0.173155$)

2018年12月 (2)  0.254547$

年間合計       2.159250$

 

2019年2月~12月 1.842713$(月平均0.167519$)

2019年12月(2)      0.154961$

年間合計     1.997674$

 

2020年2月~12月 1.784293$(月平均0.1.62208$)

2020年12月(2)      0.061450$

年間合計       1.845743$

 

 毎年、着実に(?)▼8%の勢いで分配金額は低下しております。

 

 因みに、今年の2月から4月の分配金は0.15$前後ですのでさらに低下する見込みです。

 

取得来の運用成績は、

価格差  ✕ 5.9%

累積配当 ◯22.1%     

トータル ◯16.2%

 

 2020年1年間の分配金を直近の価格で割った利回りは、4.77%でなかなか捨てがたいところもあると言うのが正直なところです。

 

有り難うございました。

4月第2週末の騰落・・・米国株は堅調だが・・・

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 常々このブログで申し上げておりますとおり、基本的な私の投資スタンスは、

・長期保有

・配当重視

 ですので、基本的には株価の上げ下げは本来余り気にしないようにはしており、日々の証券口座残高の集計値の推移は一喜一憂しないつもりでは有りますが、しっかりチェックはしています。

 

 4月第2週・・・ところで、今週は第1週なのか?第2週なのか?

 どうでも良いことですが、正しい定義は無いようですが、第一、第二等の何曜日の定義はあるようですので、タイトルは第2週末の騰落報告とさせて頂きました。

 

 今週、日経平均は週初めには30,000円を超えましたが、あとはジリ貧というか利益確定に押されるというか、冴えない動きでしたが、米国株式は第1週末の雇用統計の結果が良かったせいもあり、ダウ平均、NASDAQ、S&P500等各指数は4月に入り最高値を更新しました。

 ただ、米国債利回りの上昇が一服し、一時111円に迫ろうかとしていたドル価格はやや下げ傾向で、円建ての米国株資産は今ひとつ伸びはありません。

 

 4月第2週末の主だった指標と、いつもながら並べて表記するのも烏滸がましいですが私の株式資産(日米株式、REIT等含む)の3月末との対比は以下の通りです。

 

     3月末   2週末  

日経平均  28,966   29,768(円)

ダウ平均  32,981   33,800($)

NASDAQ    13,246   13,900

REIT指数 2013.08  2051.36

 

株式資産 Base  + 53.6(百万円)

 

 対前月末で50万円の含み益ですが、50万円のうち、40万円は米国株の上昇によるもので、残り10万円が日本株(+REIT他)によるものです。

 実は個別に株価を見ると、日本株は印象としては下げている銘柄の方が多いような気がしています。

 どうもこの10万円の上げは、スターウッドに公開買付を仕掛けられた、インベスコオフィスジェイリートの投資口価格高騰による影響のようです。

 

 私の株式資産(日米株式、REIT等含む)の月次騰落(対前月末)分布に4月第2週末までを当てはめると、辛うじてプラス側2番目のヒストグラムの棒、対前月+50~+100万円の位置に留まっています。

 

f:id:deokureojisan:20210410220742p:plain

月次騰落(対前月末 単位:万円) 2018.1~ N=39)

 この辺りにいると居心地は良いんですよね。

 3月に入って週間騰落は4連騰でしたが、月末の週前半29日~31日は配当権利確定後の「売り」でかなり下げ基調でしたから、4月の第2週末はそのレベルからはかなり上げていると言って良いでしょう。

 

 相場の上げ下げを気にしないと言っても上がれば嬉しいし、下がれば悲しい、ただ上がり過ぎれば落ち着かないというわがままばかりを言っておりますが、いずれにしても、上がった、下がったと騒いでみても、この○×は「含み益」「含み損」である事には変わり有りません。

 

有り難うございました。

 

その後の状況二題・・・インベスコJREITに対するTOBとフジテレビ問題

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

スターウッドによるインベスコオフィスジェイリート公開買付】

 4月6日の記事でご報告したスターウッド・キャピタル・グループ(以下スターウッド)によるインベスコオフィスジェイリート投資法人(以下インベスコR)に対する公開買付のその後の状況ですが、翌7日(水)にスターウッドより公開買付の概要が公開買付復代理人であるマネックス証券のサイト等にて公表された

(以下のサイト 

info.monex.co.jp

をご参照ください)

 以上の進展は何もありません。

 マネックス証券では公開買付受付サイトが開設されているようですが、口座を持っていないと中身は見れないようです。

 

 インベスコR側も、7日にコメントをリリースしましたが、前回の記事でご紹介した、5日(月)夜の

「聞いてねえヨ! こんな話に釣られて 売り逃げすんじゃネエゾ!」

 以上の態度表明は何もありません。

 

 で、投資口価格の今週の状況はどうかというと、公開買付価格20,000を超えたところでもみ合って、結局20,400円+αで収束してしまいました。

f:id:deokureojisan:20210409212613p:plain

Yahoo Finance 殿より引用

 前回の記事ではうっかりしていましたが、インベスコRは4月、10月決算の法人で、公開買付期間が4月期の権利確定日を跨いでおりますので、公開買付価格20,000円+現在公表されている分配金402円が攻防ラインとなっているようです。

 

 でも、細かい値動きを見ていると20400円を超えても結構「買い」が入っているようなので、市場の見方は、「このままでは終わらない」、即ち、もう一段階買付価格のつり上げ、或いはインベスコ側からの反転攻勢等有るのでは無いかという見方が大勢のようです。

 

 公開買付を実施する場合、公表後は市場での購入は禁止されているはずなので、目標の3分の2の応募が確保できないと言うのが、最もあり得る見方のようです。

 

 ただ、インベスコRの投資口の大半は機関投資家保有しているので、案外・・・

との可能性も否定できません。

 

 【フジ・メディア・HDによる放送法違反問題】

 昨日記事を上げたばかりですが、どうも総務省放送法違反状態にあった当時、フジメディアHDより相談があり、口頭注意で済ましていたとのことです。

 今回も、それ以上のものに発展させるつもりは無いようですし、フジメディアHDもフジテレビに対する認定放送持株会社の認定取り消しには至らないと判断しているようです。

 

 デモ、オカシクナイカ!!!

 

 過去のこととはいえ、東北新社は「認定取り消し」、フジテレビは「お咎め無し」

 

 700人の視聴者はどうでも良くて、在京キー局の停波は影響が大きいという判断でしょう。

 

 でも声を大にして言いたい。

 

こんな事が許されて良いのか!

 

有り難うございました。

フジテレビを国会に招致・・・総務省接待報道の余波

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 以前から、総務官僚が菅総理大臣の長男が所属する東北新社から利害関係者であるにもかかわらず無届けで接待を受けていた問題については 

deokureojisan.hatenablog.com

deokureojisan.hatenablog.com

deokureojisan.hatenablog.com

deokureojisan.hatenablog.com

等、しつこくも4回に亘り取り上げてきました。

 

 私自身、一時期某独立行政法人に在籍していたこともあって、多少は官僚の皆さんとも関わりを持ってきましたので、事件の背景については何となく解っているつもりです。

 

箇条書きで簡単に経緯等ご紹介すると、 

・総務官僚が持つ電波利権に常に業界関係者が群がっている。

・「ノー◯ンしゃぶしゃぶ」事件追及の洗礼を受けていない総務官僚の脇は極めて甘い。

・たまたま接待する側の担当が現職総理大臣の長男であった。

・「菅総理を叩くネタ発見!」と野党・マスコミが一斉に飛びついた。

  (マスコミは自分も接待攻勢を掛けているのにそこは華麗にスルー)

・小西参議院議員が、東北新社放送法外資規制違反懸念を発見。

総務省としては聞いてしまった以上は法に基づき停波指示を検討。

 

 と言うところまで来ていたのですが、案の定第3回の記事で指摘したように、フジメディアHDにも放送法違反の疑いが取りざたされ、国会に招致される運びとなりそうです。

 

 第3回記事でご紹介したように、我々が日々お世話になっている「ほふり(証券保管振替機構)」が「外国人保有銘柄期中公表」というページで規制のある業種(放送・航空他)各社の外国人保有比率を公表しています。

 

www.jasdec.com

 

 第3回の記事では敢えて固有名を上げませんでしたが、フジメディアHDと日本テレビHDの外資比率が常時20%を超過していることは公知の事実です。

 

 勿論、放送法が規制しているのは議決権ですので、外資が20%を超えて株式を保有していても名義書換を拒否し外資の議決権は19.99%であると言えば問題はありません。

 しかし、日々めまぐるしく要求される株主名簿の書き換え請求で、「あんたはO.K.」、「あんたはダメ!」と適切に処理できるかと言うことに加え、親会社子会社で株の持ち合いが有ると相殺する事もありますので、尚更やっかいです。

 

 今回、フジメディアHDも、親子持ち合いの精査の事務的不手際で過去に外資の議決権が20%を超過していたとのことのようです。

 

 今回も「聞いてしまった」武田総務大臣は厳正な対処をせざるを得ず、全社に対して調査をするよう指示したそうです。

 

 菅政権はここで一気にテレビ業界に攻勢を掛けて、あわよくば電波オークションまで持ち込めるか?

 今後の展開を注視したいと思います。

 

有り難うございました。

AT&T(T)をポチッと・・・上げ相場に食い下がる 己の器の小ささを改めて実感

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 先週末は、スターウッドによるインベスコオフィスジェイリート買収表明に憤ったり、池江璃花子選手の東京オリンピック内定の会見に号泣したり等々で、ご報告が遅れましたが、エイリスキャピタルより頂いた配当金355.48$(NISA口座+特定口座)に米ドル口座に貯まっていた残金で、AT&T(T)をポチッとしてしまいました。

f:id:deokureojisan:20210407222728p:plain

Yahoo Finance 殿より引用


 

 日本時間の月曜就寝前に寄りつきを確認したところ、30.62$でしたので、少しは「下げ」もあるかと30.40$で指し値。翌朝布団の中でスマホを見たら・・・

 30.40$どころか、ナント一度も30.60$を切っておりませんでした。

 

 3月に入って以来、何となくジリジリと「上げ」基調だったので、

「買い逃してなるモノか!」

押し目待ちに押し目無し!」(下がるのを待ってても下がんねーよ の意)

 と何時もの悪い癖が出て、2度注文修正をして、以下の通り約定しました。

 たかが5万円の注文に熱くなる。池江璃花子選手の頑張りに比べてナント言う器の小ささかと実感しました。

 

AT&T株 購入】

単価×数量 30.655$×15株

手数料    2.24$

合計    462.24$

 

 ただ、結果として、まだ1日が過ぎたばかりですが買値を下回っておりませんので、結果オーライだと思っております(思っていたい)。

 

 月が明ければAT&Tからの配当も入る予定ですが、特別な相場環境変化などが無ければ、当面このトレンドでは配当で貯まった米ドルでチマチマと買い進めるしか無いようです。

 

 一方のエイリスキャピタルはしっかりと19$を超えてきましたので、そうそう買い進めたいと言う状況では無く、しばらくはある程度配当が溜まったらAT&Tを買い進めたいと考えています。

 

有り難うございました。

インベスコオフィスジェイリート 頑張れ!

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 この週末の私にとっての最大のニュースは、スターウッド・キャピタル・グループ(以下スターウッド)によるインベスコオフィスジェイリート投資法人(以下インベスコR)に対する公開買付表明でした。

 スターウッドと言えば、シェラトン等の高級ホテルの運営でなじみ深いですが、ホテル等の不動産のみならずエネルギーインフラ等にも出資している資産運用会社です。

 スターウッドはすでに5%を超えるインベスコRの投資口を保有し、2日(金)には関東財務局に大量保有報告書を提出したとのことです。

 買付後は同投資法人を私募REIT化するとのことで非上場を目的とした公開買付はJREIT史上初めてとのこと。

 

 ただし、これは基本的にはブルーンバーグ初めとした報道ベースでしか有りません。

 米国のスターウッド本家(?)のHPを見ても、こんな極東のTOBニュースなんてリリースされておりませんし、日本法人とおぼしきStarwood Capital JapanのHPに至っては私の情報収集力では未だに見つけ切れておりません。

 

 週明け月曜日の夜になって、インベスコRより、

「聞いてねえヨ! こんな話に釣られて 売り逃げすんじゃネエゾ!」

 とのコメントが紳士的表現で公表されました。

 

 スターウッドが提示した買付価格は20,000円とのことで、これを受けて、週明けの5日(月)、インベスコRの投資口価格は先週末の17,650円から一気にストップ高近辺の20,000円から20,380円の範囲で推移。

f:id:deokureojisan:20210406221722p:plain

Yahoo Finance 殿より引用

 本日6日(火)も20,030円から20,350円の範囲で取引されています。

 

 (オカシインデ ナイカイ?)

 

 インベスコRの投資口価格は20,000円での公開買付が公表されてから、一度も20,000円を切っておりません。

 これは取りも直さず、誰もがこの条件での公開買付が成立し得ないと考えている証左では無いでしょうか。

 正確には調べ切れていませんが、コロナショック前の25,000円で購入した投資家も多いと思います。

 

 スターウッドとしては先週末の価格に10数%のプレミアをつければ何とか・・・との思惑はあるのでしょうし、NAV倍率から見て先週末の17,000円台後半がNAV倍率=1.0(株価で言えばPBR=1)なので、10数%のプレミアで「御の字」のはずだ、との思惑もあるのでしょうか。

 

 だとしたら、日本市場も嘗められたもんです。

 

 そのレベルでの公開買付を表明すると言うことは、「日本のREIT市場の将来性に期待する」というより「日本のREIT市場はその程度の価値」と言われているようなものです。

 

 今回ばかりは片方の当事者なので、アメリカの大手資産運用会社同士のガチンコバトルを高みの見物するという状況ではありませんが、

「インベスコさんヨウ! これ幸いとJ-REITから逃げ出すなんてことは無いよネ!」

 と言いたいです。

 

有り難うございました。

「努力は必ず報われる」池江選手のインタビューに号泣・・

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。・・

出遅れおじさんです。

 

 昨日の池江璃花子さんの快挙にはびっくりしました。

 心よりお慶び申し上げるとともに計り知れないご努力に敬意を表したいと思います。

 

 私は毎週日曜日の夕方から所用で外出しています。

 家内に早めに夕食の準備をお願いし、夕飯を食べ始めたころ、パソコンを眺めていた家内の絶叫でニュースを知りました。

 帰宅後、ゆっくりとスポーツニュースを見ると、当然池江選手のニュース一色でした。

 そして涙の会見を見ていたら、年のせいで涙腺が脆くなったとは思いませんが、釣られて号泣してしまいました。家内が先に寝てしまっていたので心置きなく・・・

 

 健やかで力強い、健康優良児の見本のようであった池江選手の突然の白血病診断の告白に衝撃をうけましたし、我々には窺い知ることも出来ない過酷な闘病生活は復帰後のあまりにも痛々しいほど細くなった身体に如実に表れていました。

 プールに復帰したのが、昨年の3月ですからわずか1年で身体を作り上げてきたのにも驚かされました。

 

 海外メディアも池江選手の奇跡の復活ストーリーを続々と報じているようです。

 

 それにも増して、私自身が一連の報道の中で一番びっくりしたのは、今日5日のテレビ朝日ワイドスクランブルのゲストコメンテーター増田ユリヤ氏が、

「(池江選手の姿を見て)私たちは東京オリンピック実現のためには何が出来るだろうかと、もっと真剣に考えなければならない」

と、コメントしたことです。

 

 増田ユリヤ氏は「左より」というと言いすぎかもしれませんが、どちらかというと「リベラル」な指向のかたで、同じ番組内でも「北朝鮮の考え方を変えさせることは出来ないのか」とお花畑的なコメントをして、専門家(聖学院大学 宮本悟教授)に一蹴されたくらいの方です。

 池江選手の快挙は、その増田氏をして「東京オリンピック実現のためには、何が出来るか・・」と言わしめるほどの威力でした。

 

 池江選手の闘病と復活への努力を政治利用するつもりは毛頭ありませんが、彼女の頑張りが東京オリンピック実現に向けての機運を盛り上げることを切に期待したいと思います。

 

有り難うございました。