出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

アップル<AAPL>から配当金を頂きましたので BTIを購入しました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 アップル<AAPL>から配当金を頂きましたので、マイルールに則りBTIを購入しました。

 これに先立ち、2月初めに公表された10月~12月期の決算は前年同期及び市場予想を上回ってはいたものの芳しい評価ではありませんでした。

 

 前回の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 でもご報告したとおり、AAPLは9月決算の企業で、各年度の年間の決算実績の推移は以下の通りです。(単位:億$)

 

       売上高 最終益 1株利益

19年9月期  2,601  552  2.97$(分割後換算)

20年9月期  2,745  574  3.28$

21年9月期  3,658  946  5.61$

22年9月期  3,943  998  6.11$

23年9月期  3,832  969  6.13$

 

 前年9月までの1年間は、同社としては久しぶりに売上高、最終利益ともに前年を下回りました。(1株利益が前年を上回っているのは自社株買い効果)

 

 同社の主力商品はご存じの通りiPhoneで、例年9月に新機種が発表され、新年度の最初の四半期である10月~12月期(今期)は、所謂年末商戦で最も売上げ・利益が伸びる「はず」であるのが、前年同期比売上高は+2%、最終利益は+13%、1株利益+16%に終わりました。

 前年同期の四半期との比較は以下の通りです。(単位:億$)

 

       売上高 最終益 1株利益

22年12月期  1,171   300  1.88$

23年12月期  1,195   339  2.18$

 

 1株利益+16%なら良いんでナイ? 

 といいたいところですが、下記Forbes誌によれば、同期間のマイクロソフト(売上+18%、純利+33%)、グーグル(売上+13%、純利+52%!!)の伸びを遙かに下回っている、とのことです。

forbesjapan.com

 主力のiPhoneの中国での販売低迷によって、全体の売上げの低迷が影響しているようで、結果として時価総額でAAPLはマイクロソフトの後塵を拝することとなったのはご存じの通りです。

Yahoo Finance殿サイトより借用



 今回頂いた配当金と、BTIの購入額は以下の通りです。

 

【AAPL受取配当】(特定口座)

単価✕数量   0.2400$✕151株

国税     3.62$

国内税     6.61$

手取額    26.01$

 

【BTI購入】(特定口座) 2月20日約定

単価✕数量  30.23$✕1株

手数料     0.14$

支払額        30.37$

 

 この結果、

BTIの保有株数は特定口座371株

 になりました。

 

有り難うございました。

【ソーゴーショーシャ】どうした? ギラギラ次男坊 三男坊にも先行許す

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 何故「総合商社」ではなく「ソーゴーショーシャ」なのか?

 これまでも何度かご紹介しましたが、随分昔のドラマですがNHKの「ザ・商社」で主演の山崎努氏が製油所建設を計画中のレバノンアメリカ人サッシンに自分の会社を

 「エサカ イズ ソーゴーショーシャ!」

 と、売り込んでいたのが印象的だったからです。

 

 商社株大好きオジサンこと、不祥 出遅れおじさんの保有株の中で、商社株、特に五大商社をコンプリートしたことを初め、専門商社含めて、1月末時点の株式残高の内の30%強が商社株です。(全体の6割が日本株ですので推して知るべしです)

 

 そんな商社株のなかで異変が起きつつあります。

 

 所謂五大商社の中での暗黙の序列は、上位三社は売上高規模から三菱商事<8058>、伊藤忠<8001>、三井物産<8031>だったのですが、次男坊の伊藤忠が鼻息荒くおっとり長男坊を追い落とすべく、時価総額と純利益で業界首位に立つと宣言、現に2020年6月22日には株価(当時商事<分割前>と伊藤忠はほぼ同株数)で商事を抜いて業界関係者を驚かせました。

 併せて、2021年3月期には純利益も伊藤忠が商事を上回りました。

 

 ひとえにギラギラ感みなぎらせた岡藤会長の手腕と高く評価しています。

 (今でも岡藤ファンであることには変わりありません)

 

 そんな中、2022年3月期はロシアのウクライナ侵攻に端を発した資源価格高騰により、伊藤忠の純利益は資源部門のウエイトの大きい三男坊三井物産にも劣後し、三位に後退してしまいます。

 このとき(22年3月期決算報告)は同業他社と純利益を資源部門と非資源部門に分離、「資源価格の異常な高騰が続く中、バランスのとれた収益基盤を維持」とPRしました。

伊藤通殿 22年3月期決算報告付属資料(株主の皆様へ)より



 しかし傍目には、

 「他社さんは、資源価格の高騰で潤っているだけやナイデスカ!」

 「ウチは堅実な商売してマッセ!」

 と泣き言を言っているようにしか見えませんでした。

 

 結果として、株価も伊藤忠はしばらく(~2023年12月)三井物産と抜きつ抜かれつを演じていました。

 下のチャートは2022年末を起点にしていますので、6月以降はやや物産>伊藤忠に見えますが、実際の株価は物産≒伊藤忠です。(発行済み株数も両社はほぼ同数)

三社株価推移 2022年末=100(青:商事、茶:物産、緑:伊藤忠)



 そして、今年に入り、伊藤忠が一瞬スパートを掛けたように見えましたが、2月に入りあっさりと物産の上昇ペースが伊藤忠を上回ってしまいました。

 商事は、以前の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご紹介した還元策によって既に別世界です。

 

 原因は2月上旬の3/四期決算発表で、純利益では

 商事≒物産>伊藤忠

 を決定的なものにしてしまいました。(依然と高い資源価格の影響大)

 

 直近の三社純利益の実績と本年度末見通しの比較(単位:億円)。

 

         商事   伊藤忠  物産

22年3月期純利益  9,375    8,202    9,147

23年3月期純利益 11,806   8,005  11,306  

24年3月期純利益  9,200         7,800         8,800(前期決算時予想)

24年3月期純利益  9,500         8,000         9,500(3/四期決算時予想)

 

 

 配当についても、商事と物産は2/四期決算断面で増配を宣言しています。

 

 すでに、何れの商社とも縁が切れて純粋に「野次馬」の立場の私としては「ギラギラ次男坊」の復活を望みたいところですが・・・

 

有り難うございました。

【銘柄入れ替え】さようなら河馬仔兄<QYLD>、こんにちはタバコ株<BTI>

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 河馬仔兄<QYLD>とも訣別しました。

 といっても旧NISA口座で保有している河馬仔兄弟<QYLD、XYLD>は、特定口座に払い出されるまでは保有を継続する予定ですが。

 

【QYLD売却】(特定口座) 2月15日約定

単価✕数量   17.885$✕642口

手数料     22.10$

受取額   11,460.07$

 

 先日の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご紹介しましたように、QYLDはドル建て+1%強、円建てで+10%弱の含み益状態でした。

 売却直前に円建ての含み益をチェックしたところ15万円弱でしたので、譲渡益税3万円(≒200$)を見込んで200$余らせるように以下ブリティッシュアメリカンタバコ<BTI>を発注しました。

 併せて、楽天証券口座に4万円を楽天銀行から移動しました。

 

 ところが翌日(2月16日)楽天証券の特定口座の譲渡益をチェックしたところ、

 

 ・年初来累計譲渡損益 -72,822円

 ・QYLD譲渡益     +145,652円

 ・差引譲渡益     +72,830円

 ・譲渡益税拘束金    14,794円

 

 となっておりました。

 

 本年の譲渡損は、新NISAにJREITを移管するに当たって特定口座で生じた売却損です。

 ということで、源泉税が想定の半分となりますので、100$を目処に翌日追加購入しました。

 

【参考情報】

 国内の譲渡益税はあくまで日本円で納付すべきものですが、私の場合は

 「1万円の浪費はしても、100円の手数料と1円の利息・税金は譲れない」

 を生活信条としておりますので、楽天証券の日本円保有残高を「0円」となるように設定しております。

 そう言う場合でも「取りっぱぐれを防止」するために、楽天証券では日本円の残高がないと米ドル保有残高額から勝手に日本円に両替する「米ドル為替自動決済サービス」という迷惑この上ないサービスが設けられましたので、米国株を売却したときは想定される税額+αの日本円を入金しておく必要があります。

 過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 をご参照ください。

 

【BTI購入】(特定口座) 2月15日約定

単価✕数量   30.615$✕367株

手数料     22.00$

支払額   11,257.71$

 

 

【BTI購入】(特定口座) 2月16日約定

単価✕数量   30.425$✕3株

手数料      0.45$

支払額     91.73$

 

Yahoo Finance殿サイトより借用



 今回の結果保有数量は以下の通りとなりました。

QYLDの保有口数はNISA口座299口

BTI の保有口数は特定口座370株

 

 今回のQYLD→BTIの入れ替えによって、配当・分配金の再投資マイルールは以下の通りとなりました。(赤字:今回変更)

 

楽天証券

AAPL、ZTS  → BTI

ARCC      → BHP

BHP     → BHP

BTI    → BTI

HYG     → HYG

QYLD   → BTI

SDIV    → SDIV

XYLD   → SDIV

VZ     → VZ

SDIV日本株 → SDIV日本株

東証PFFD  → 東証PFFD

配当貴族   → 配当貴族

 

【ウイブル証券】

ARCC   → VZ

VZ     → VZ

 

有り難うございました。

【古新聞記事】祝! H3ロケット発射成功! 話題の動画二題

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 一日遅れの古新聞で恐縮ですが、昨日(2月17日)9時22分、JAXAH3ロケットの2回目 (中継ではJAXAは試験機2号機と呼んでします) でついに打ち上げに成功しました。

 

 前回の1号機(2023年3月7日)の打ち上げ失敗(指令破壊信号による自爆)から一年弱、関係者のご努力に敬意を表したいと思います。

 

 前回の失敗以前の、2月17日の発射予定の直前に異常検知でブースター着火信号が送出されなかった問題を「失敗」と言うかいなか粘着したK同通信の記者さんがいましたが、3月の「自爆」の時はさぞや溜飲を下げたことであろうとゲスの勘ぐりをしたくなりました。

どうしても我が国の失敗を喧伝したい記者さん、今回はどんな顔をしていたのか気になるところです。

 

 連戦連勝のH2Aロケットの後継機と言うプレッシャーもあったでしょうがよくぞ克服できたと思っています。

 ただ、H2Aも当然ながら初期に失敗もありましたが、3,000m超の海底から失敗機の残骸を回収、原因究明を経て確固たる地位を築きました。

 

 余談ですが、海外では3,000m超の海底から残骸を引き上げたということ自体に「海洋大国ニッポン」という賞賛の声が上がっていたとのことです。

 

 そんな中、今回の打ち上げ関連で話題になった動画を二つご紹介したいと思います。

 

【絶妙な場所からの撮影】

 

 打ち上げ後、1時間くらい経ってからでしょうかX(旧ツイッター この言い方面倒ですね)でま ゆ ぽ(@mayume253)様の動画が多数リプライされていました。

 

 

 航空機の機内から打ち上げ直後のH3ロケットを撮影したものだとのこと。

 

 あまりに凄いので家族のLINEでながしたら、娘から以下のコメントが・・・

 

 「すごい!

  説明なかったら、まるでチンアナゴ!」(原文のママ)

 

【映画か? 手の込んだエンドロール】

 

 当日は打ち上げ予定時間前にゴミ出し(燃えるゴミの収集日)を済ませてから、コーヒーやおやつを準備してPCの前で固唾を呑んで打ち上げを見守っていました。

 無事打ち上がり、2段目のロケット着火が確認されたところで次のチェックポイント15分後とのことでしたので、チョット席を外して、戻ってきたら既にJAXAの広報の女性と技術解説のスタッフが語り合っていて、女性の方が感極まって涙声になっていたので、成功を確信してその後は見ておりませんでした。

 

 ところがその後JAXAの打ち上げ中継のエンディングが面白いと話題になっていました。

 

 映画か? といいたくなるような作りで、さすがに中島みゆきさんの歌は流れてきませんでしたが、3月の失敗時のデスクに突っ伏すスタッフの映像等成功までの道のりが上手くまとめられており楽しめました。

 エンドロールは1時間43分過ぎから。

www.youtube.com

 

 本編よりエンディング推しって・・・

 トーハクへ言っても実物の展示よりも、コピーや模型に感動する私らしいと言うことで。

 

 でも、また失敗していたらどういう終わり方になっていたのだろう・・・

 

有り難うございました。

2月第3週の資産運用報告・・・またまた日経平均には大きく遅れを

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 常々このブログで申し上げておりますとおり、基本的な私の投資スタンスは、

・長期保有

・配当重視

 ですので、基本的には株価の上げ下げは本来余り気にしないようにはしており、日々の証券口座残高の集計値の推移は一喜一憂しないつもりでは有りますが、しっかりチェックはしています。

 

 2月第3週末の資産状況のご報告です。

 

 2月第3週には米国CPIが公表され、あまりの強さにFRBの利下げ観測(いや 単なる期待でしょう)が遠のき一時は各指標とも暴落し、「CPIショック」と言われる程でした。

 ただその後買い戻されましたが、今週は史上最高値更新には至りませんでした。

 

 国内では、結果として急速に再びドル高が進み、一部の半導体銘柄を初めとした値がさ株が上昇し日経平均は一気に38,000円台を突破。

 史上最高値も視野に入ってきました。

 (またまた今週も、日経平均に負けていることの予防線・・・)

 

 2月第3週末の主だった指標と、いつもながら並べて表記するのも烏滸がましいのですが私の株式資産(日米株式、REIT等含む、配当除く)の1月末との対比は以下の通りです。

 

     1月末  3週末

日経平均  36,286 38,487(円)

ダウ平均  38,150 38,627($)

NASDAQ    15,164 15,775

REIT指数 1798.71 1714.61

 

株式資産 Base  △264.2(万円)

折線:指標推移(対前月 % 左目盛り)、棒グラフ:資産推移(対前月 万円 右目盛り)



 私 出遅れおじさんの2月に入ってからの株式資産(配当除く)の評価益は、対前月末△264.2万円の増と、「ダブル大台」に乗りました。

 1月末の私の株式資産+2月購入資産の合計が7,159.3万円ですので、第3週末断面で対前月+3.69%となり、以下のよう日経平均には大きく突き放されました。

 と、今週は「負けた」時の言い訳を語る元気もありません。

 

日経平均 +6.1%

NASDAQ +3.8%

出遅れ  +3.7%

ダウ平均 +1.2%

JREIT指数   -4.7%

 

 対前月末の差異の内訳は、大まかに言うと米国株資産がほぼ△50万円の○、日本株REIT資産が△214万円の○と言う状況です。

 米国株については先月末に比べドル円相場はほぼ146円台後半から150円台そこそこまで3.2円ほどドル高になっていますので、為替差で△46万円、ドル建てで△4万円の○という状況です。

 

 私の株式資産(日米株式、REIT等含む、配当除く)の月次騰落(対前月末)分布図に2月第3週末を当てはめるとダブル大台超え、プラス側6本目の左端まで上昇しました。

月次騰落(対前月 万円) 2018.1~ N=73



 ロシアのウクライナ侵攻の一日も早い収束を願っています。

 勿論私の場合はT朝のTM川氏とは逆で、ウクライナが矛を収めることでは無く、ロシア軍の全面撤退とプーチンの国際軍事裁判での断罪です。

 

 相場の上げ下げを気にしないと言っても上がれば嬉しいし、下がれば悲しい、ただ上がり過ぎれば落ち着かないというわがままばかりを言っておりますが、いずれにしても、上がった、下がったと騒いでみても、この◯☓は「含み益」「含み損」である事には変わり有りません。

 

 

有り難うございました。

【愚直にルーチン その2】本家SDIVの分配金を再投資しました

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 グローバルXスーパーディビデント世界株式ETF<SDIV 以下本家SDIV>より分配金を頂きましたので、愚直に再投資しました。

 本家SDIVの分配金はここしばらく(2023年8月より)1口あたり0.21$です。

 

【SDIV受取配当金】(特定口座)

単価✕数量   0.2100$✕486口

国税    10.20$

国内税    18.65$

手取額    73.21$

 

【SDIV購入】(特定口座) 2月14日約定

単価✕数量   20.69$✕3口

手数料      0.29$

購入額     62.36$

受取分配金   73.21$

支払額       -10.85$(分配金控除後)

 

今回購入の結果

・累積購入額 10,369.34$(分配金控除後)

保有数量   489口

・累積分配金   217.06$

・総資産額  10,117.41$

・騰落率    -2.43%

 

となりました。

 

 河馬仔兄弟で作っていた、ETFの基準価格と分配金再投資を含めた資産額の指数のグラフは以下の通りです。

SDIV 投資口価格と資産額の推移(2023.11.27=1.0)



 

 約3ヶ月の再投資により資産と基準価格との差は+1.84%になりました。

 これを「柳」と見るか、「しだれ桜」と見るか、「ナイアガラフォール」と見るか・・・

 

 1月31日に河馬仔弟<XYLD>の分配金で購入してから今回の2月14日までにSDIVの基準価格が▼5.0%(21.77$→20.69$)も下落しているので、再投資しているのだから望むところ、と強がっております。

 

 他のETF4兄弟の積立の騰落率のグラフに重ね合わせると・・・

ETF騰落率推移



 ひとり別世界に旅立っているような・・・

 

 分配金再投資をやっているのだから望むところ・・・

 

有り難うございました。

GDP2期連続マイナス報道と日経平均バブル来最高値更新高揚感の落差

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 本日(2月15日)2023年10月~12月期のGDP速報値が公表されました。

 2期連続のマイナス成長という衝撃的な結果でしたが、マスコミを見る限り2期連続マイナスと言うよりも「正式に」ドイツに負けてGDPが4位に後退したということの方がインパクトがあるようで、マイナス成長を伝えるニュースは・・・と思って探したら

 

 以前の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 でも、ご紹介(というより嘲笑?)しましたが、やはり日経新聞が報道しており、しかも全く同じフォーマットの表で報じておりました。

www.nikkei.com

 

日経新聞より



 私の指摘など全く届いていないようで(アタリマエですが)、この表を見て理解できる人がいれば講釈して欲しいと言いたくなるような分からない表です。

 今回は殆ど全てが「マイナス」というところだけは感じられますが。

 

 上記の記事でも書きましたが、この表の分からないところは、部分だけ取り出して全体が見えないことと、違う種類の数字を並べて列挙していることにつきます。

 しかも、外需のところの輸出と輸入を同じプラスで表示している・・・

 輸出のプラスはGDPにプラスですが、輸入のプラスはGDPにマイナスなのです。

 (輸入が増えること自体消費の旺盛さを表しているので一概に悪いこととは考えていませんが)

 

 前回参照した三菱UFJリサーチ殿の表が間に合わなかった・・・と思ったら、ご本尊の内閣府公表の資料に、全体の分かる表がありました。

https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/gaiyou/pdf/main_1.pdf

内閣府公表データ



 この表を見て、2期連続で対前期マイナスということ以上に民間需要が既に3期連続でマイナス(直近2期は全項目でマイナス)になっていることを論じた方が建設的だと思います。

 

 そんな低迷ぶりをよそに、本日日経平均は再び「バブル来」最高値を更新、終値でも38,000円を超えました。

 

 GDPは2023年、株価高騰は2024年のことなどと侮ってはけません。能登半島地震等の影響もあり全体では3期連続のマイナスでは、とすら予想されています。

 

 ネットでは日経平均の高騰を受けて「名将岸田!」などと囃す声もありますが、これはあくまでも「アベノミクスの成果」が遅れて表れているだけであって、「増税メガネ」の渾名の通り企業業績がそこそこ堅調でも「景『気』」に冷や水を浴びせ続けてきた岸田ソーリの姿勢が民間需要を冷え込ませていることを問題視すべきだと思います。

 

 外交・防衛分野では良い仕事もしているので、ドカーンと一発、消費減税でもぶち上げれば本当の「名将」になれるのですが。

 

有り難うございました。