出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

5月の資産運用報告・・・セルインメイ or バイインメイ

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 5月分の金融資産の棚卸しです。

 

 5月のトピックスは、日本ではゴールデンウイーク中でしたが、5月月初に開かれたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録要旨や議論の中身と言うよりも、パウエル議長はじめとした地区連銀総裁の不規則(?)発言に一喜一憂した1ヶ月でした。

 これを受けてダウ平均は5月第3週まで8週連続下落という大恐慌以来90年ぶりの記録となりましたが、さすがに第4週には1,900$ほど戻しました。

 

 国内では、岸田ソーリが、ロンドンのシティで「Invest in Kishida」と高らかに基調講演で謳いましたが、株価は下落の一途で、「岸田ショック3.0」と言わざるを得ません。

 一方、日経新聞中心に「悪い円安」論は喧しいですが、連休明けから本格化した主要企業の好決算・増配発表に株価上昇に兆しは見えましたが、金融所得税制見直し等に対する疑心暗鬼は根強く、今ひとつパッとしませんでした。

 

 私の株式資産に関しては、寅年は1月2月と連続でマイナススタートの後漸く3月にいたって対前年末プラスに転じたところですが、4月、5月は「セルインメイ」へ向けての上昇とはならず連続でマイナス、対前年末に対しては辛うじてプラス圏に留まりました。

 

 主だった指標と、並べて表記するのも烏滸がましいですが、私の株式資産(毎度のコメントで恐縮ですがREIT,ETF含む)の対前年末、及び対前月の実績は以下の通りです。

 

    21年末  4月末 5月末 

日経平均  28,791   26,847 27,279(円)

ダウ平均  36,338   32,977 32,990($)

NASDAQ  15,644   12,334 12,081

REIT指数 2066.33  1975.75 2006.03

 

株式資産 Base  △ 74.1 △ 37.5(万円)

           (対前月▼ 36.5万円)

 

 各週ごとの推移はグラフの通りで、金利上昇を警戒、NASDAQは一度も水面から顔を出せませんでした。

折線:指標推移(対前月 % 左目盛り)、棒グラフ:資産推移(対前月 万円 右目盛り)



 大まかに言うと、対前月は国内株△15万円、REIT△13万、米国株が▼64万円という感じでした。この一ヶ月で為替はほぼ129円の終わりから128円の終わりまで1円円高になりましたので、米国株は円高で▼11万円の✕、ドル建てで▼53万円の✕という水準でした。

 

【資産構成】

 5月のリスク性、非リスク性資産の比率の変動要素は以下の通りです。

・リスク性資産変動要因

投資信託の積立(+10万円 従来からの継続)

株式購入(約+54万円)

株式評価増減(約-37万円)

投資信託の評価増減(約-84万円) 

・非リスク性資産変動要因

投信積立による取崩し(-10万円) 上記に同じ

株式購入による取崩し(約-54万円)

受取配当(+11万円)

企業年金支給による取崩し(-19万円)

 

 非リスク性資産が72万円減少、リスク性資産が57万円減少しましたので、リスク性資産の比率は54.1%で変化有りません。

資産構成



 それぞれの資産毎の騰落は以下の通りです。

 

     比率  対前月             年初来   取得来

・株式   37.1% ▼1.1%(▼ 37万円)  △ 2.0% △43.7%

投資信託 17.0% ▼4.3%(▼ 84万円)  ▼ 3.2% △23.0%

・預金   21.4%

企業年金 24.5%

 

 2022年5月末時点のリスク性資産(株式+投資信託)の向け先別(株式、債券、不動産及び国内、海外)の比率は下のグラフの通りです。

リスク性資産 向け先構成



 申しわけありませんが、明日に続きます。

 

有り難うございました。