出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

12月の資産運用報告(2)・・・年率 株式5%、資産全体3%への道程は険し

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 12月の資産運用ご報告の続きで、株式投資(ETFREIT含む)の運用成績(私の場合、運用と言っても基本はBuy & Hold)をご報告させて頂きます。

 

 「株式資産」の棚卸し結果は以下の通りです。

 

      比率  対前月  年初来  取得来

・国内株   46.4% △ 4.9% △26.7% △33.4%

・米国株   38.7% △ 4.7% △29.3% △66.1%

・海外債    0.0%

・国内REIT  14.9% △ 1.5%  △20.9% △30.3%

・海外REIT      0.0%                

・株式合計  100.0%  △ 4.0% ◯26.8% ◯44.6%

 

 

【株式資産額推移】

 12月末段階での株式の資産額推移と、米国株の資産額推移をグラフで表示します。

f:id:deokureojisan:20220103220110p:plain

資産額推移(株式全体)

f:id:deokureojisan:20220103220838p:plain

資産額推移(米国株 上のグラフの内数)




 基本的に夫婦二人分のNISA枠240万円分相当を年度の購入枠として運用しております。

【2021年枠】(239.4万円)

108 万円:昨年末までに購入済み。

131.4万円:本年正月明け購入済み

 

【2022年枠】(221.1万円:私枠121.7万円、家内枠99.4万円)

221.1万円:11月までに購入

 (iSEPRA、AT&T→BYND、QYLD、VZ他入替、QS、QCOM→AFRM入替、ヒューリック・商社株購入、インベスコR→三菱商事他入れ替え、債権ETF→ZTS、東京エレデバ、三井物産日本郵政等入替、三菱商事購入)

  0.0万円:12月購入は有りません。

 

【2023年枠】(112.4万円:私枠112.4万円、家内枠-)

 86.3万円:11月までに購入

  (武田薬品、QYLD他)

26.1万円:12月購入

  米国株21.5万円(XYLD購入、QYLD、XYLD配当再投資)

  国内株 4.6万円(みずほ)

 

 年初来、購入累計金額は464.5万円です。

 

 投資額については、年初からの手取配当101.1万円を差し引いて、本年の投資額は363.4万円(グラフ上は3.6百万円)という金額で積み上げています。

 

 配当収入を、株評価額に加算して評価するか、取得額から控除して評価するかは人それぞれ流儀があると思います。

 

 資産額は前年末に対して、含み益が718.5万円増と株式新規購入が464.5万円になりましたので1,183.0万円の増となりました。(グラフ上は26.0→37.8百万円)

 累計の含み益は864.0万円、累積受取配当は436.6万円、計1300.6万円となり、最高額を更新しました。

 二番目のグラフの米国株は、8月(42万円)、10月(20万円)、12月(20万円)ドル買いをして株式を購入(他は株式の入替、投資額の再投資のみ)しました。投資額は前月より増加し0.8百万円です。

 資産の評価額は前月から83万円(購入20、評価益△63)の増、年初来約420万円増です。

 

【運用成績】

 12月末段階での株式の運用成績は下のグラフの通りです。累計利益率は3月以降「上値抵抗線」(っぽく見える)30%を超えました。

 平均利回りは、まだ個人的目標の5%にはやはり届きませんでした。

f:id:deokureojisan:20220103221120p:plain

株式資産運用成績



 併せて、金融資産全体の運用成績はグラフの通りです。「心の目標」3%は未だ遠いです。

f:id:deokureojisan:20220103221156p:plain

金融資産運用成績



 申しわけありませんが、月次騰落の振り返りと配当のまとめは明日に続きます。

 

有り難うございました。