出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

タカラレーベン不動産投資法人(3492)より分配金・・・その中身・・・

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 タカラレーベン不動産投資法人(3492 タカラR)より分配金を頂きました。

同法人のポートフォリオの特徴、或いはスポンサーであるヤマダ電機の優待券等は前回2020年11月13日記事

deokureojisan.hatenablog.com

で、紹介しましたのでご参照ください。

 

f:id:deokureojisan:20210516223845p:plain

Yahoo Finance 殿より引用

 半年経って、投資口価格はコロナ前のピークには未だ及びませんが、12万円近辺まで戻してきたので「良し」としたいと思います。

 ただ、分配金はジリ貧状態で、ポートフォリオの12%とはいえホテル業は未だ路険し、と言わざるを得ません。

 

 直近の分配金と今後の見通しは以下の通りです。

2020年2月期 3,693円

2020年8月期 3,029円

2021年2月期 3,100円(今期)

2021年8月期 3,100円(見通し)

2022年2月期 2,900円(同)

 分配金利回りは5.4%です。

 従来の見通しよりは多少改善していますが・・・

 

エッ?

今期と来期同じ金額!

切りの良い数字(3回連続)!

 

 送って頂いた資産運用報告を読み解くと「オイッ!」と言わざるを得なくなります。

 

 今期及び来期発生の資産売却益の一部を繰り越して2022年2月期の分配金に充当すると言うことのようです。

 ゴチャゴチャと私が拙い文章や数字で説明するより、タカラR殿の資産運用報告書から引用させて頂いた方が早いので・・・

f:id:deokureojisan:20210516224015p:plain

タカラレーベン不動産投資法人殿第6期資産運用報告書より転載


 

 前期の3,029円の分配は特段の注釈は無かったので、「素」の分配だったと理解していましたが、前期決算時に公表されていた、今期・来期の分配見通しはキリ良く3,000円、2,900円だったことを思うと、「その時 気付けヨ!」と自問自答しています。

 

 REITは利益の90%を分配することにより法人税の減免を受けられるので、繰り越しすれば当然法人税が発生します。

 

 同法人の言う「安定的な分配を行うため」と言うのは解らなくはありませんが、利益を繰越して、「お上への上納金を召し上げられる」というのはナンダかなー・・・と思います。

 

有り難うございました。