出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

ハッ 配偶者特別控除?・・・ヤッター!

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 元々の予定ではあったのですが、家内が1月末に退職しましたので扶養のための手続きをおこなっています。

 

(1)会社の手続き

 家内の職場のご担当より頂いた離職票を扶養者異動届けとともに私の会社の担当へ送り、2月支給分の給与から天引きの所得税を減じて貰えることになりましたが、思わぬ嬉しい知らせが届きました。人事担当のお姉様より、実際は丁寧な文面で以下のメールが届きました。

 

「オイッ、 じじい!

テメエの給料も随分少なくなって来たから、ヨメさんが仕事を辞めたのなら、普通の扶養控除に加えて、配特も受けられるからな!」

 

エッ? ハイトク? それはもしかして、ハイグウシャトクベツコウジョ? 配偶者特別控除

 

それは、二十何年来絶えて久しく縁の無かった「憧れの」配偶者特別控除のことか?

 

 と、興奮してもしょうが無いのですが、今年ついに私の所得が900万円を切って、かつ家内が扶養に入ることになりましたので、扶養控除2倍です。

 

 限界税率が下がってから受けても有り難みの薄い控除ですが、翌年の確定申告ではガッツリ控除を受けたいと思います。

 

(2)健康保険

 2月に入ってすぐに家内の職場に健康保険を返納し、協会けんぽ(中小企業なもので・・・)に扶養家族異動届けを送付。ナント! 2月1日(月)の夕方少しでも早くと郵便局に投函に行ったら、5日(金)には家内用の健康保険証が送られてきました。

協会けんぽ○×支部の仕事の速さ・・・恐るべし!

 

(3)年金

 そう、昨年受給した年金は100万円をやっと越えるレベルでしたが、今年の2月支給の年金から私は所得税源泉徴収されるそうですので、扶養家族の申告書を送付しました。(2月分は扶養家族無しで天引きされるそうですが・・・)

 

f:id:deokureojisan:20210211225243j:plain

公的年金の扶養親族等申告書

と、これだけ出せば、さぞや所得税も安くなるであろうと思います。

 

でも、ふるさと納税の枠も減るし・・・、外国税の還付率も下がるし・・・

 

今年(来年の確定申告)は配当の総合課税も視野に入れ、配当控除もゲットか・・・

 

と悩みはつきません。

 

有り難うございました。