出遅れリタイア日記

年金生活への移行 資産運用等

河馬仔兄<QYLD>運用総決算・・・カバコを止めてタバコ?

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 2021年5月に最初に買い付けを行ったグローバルXNASDAQカバードコールETF<QYLD 愛称:河馬仔兄>は、自身の分配金とアップル<AAPL>やゾエティス<ZTS>の配当金をつぎ込み、積立続けてきました。

 積立の都度、基準価格の推移と資産額比率(=資産額/(購入額-QYLD分配金)で簡易計算した価の推移(ドル建て)をグラフで紹介してきました。

2月5日付け記事のグラフと同じです



 ようやく最近資産が1.0を超えたところです。

 

 改めて、これまでの運用成績を集計してみました。

 

【ドル建て】

 ・累積購入額 20,041.54$(2月買い付けまで)

 ・資産額   16,815.67 (2月13日付け)

 ・累積分配金  3,555.70

 

 騰落率    ▼16.10%

 分配金込騰落 △ 1.65%

 

【円建て】 購入額、分配金は翌朝為替、資産額は2月14日 150.80円ベース

 ・累積購入額 2,321,042円

 ・資産額   2,535,803

 ・累積分配金   474,691

 

 騰落率    △ 9.25%

 分配金込騰落 △29.70%

 

 詰まるところ、額面10%強の分配利回りを持ってしても、基準価格の下落を補うのがやっとで、ドル高のおかげで何とか三割近く○になっている、という状況です。

 

 河馬仔弟<XYLD>の場合は、最近オプションプレミアムの獲得が7掛け~8掛けに下落してきたので、あきらめも付きやすく同じグローバルX社のスーパーディビデントETF<SDIV>に乗り換えたところで、河馬仔兄も潮時と考えています。

 

 その後をどうするか・・・

 

【ケース1】 同じくSDIVに乗り換え

 いくら何でもSDIV一本足打法は・・・

 

【ケース2】 他の高利回りETFに乗り換え

 まず目に付くのはJPモルガン

 ・ナスダック米国株式プレミアムインカムETF<JEPQ>

 ・米国株式プレミアムインカムETF<JEPI>

 ですが、これらは資産の一部が河馬仔兄弟と同じカバードコール運用されており、コールオプションの行使価格が現資産より高いアウトオブマネー(JP)、原資産と同じアットザマネー(GX)の違いがあるとのこと。

 

 このあたりはいつも高利回りETFの情報を提供してくださるたかにん様のブログ

kabu.takanin.com

 を参照させて頂きました。

 

 いくら何でも河馬仔改め「新河馬仔」もなかろうと・・・

 

【ケース3】 個別株を物色

 米国の高配当利回り銘柄を探すと、最大25%という「高利回りにはワケがあるにも程がある」と言いたくなるような銘柄がずらりと並んでいますが、安定して配当が望めそうな銘柄として目にとまったのは

 

 ブリティッシュアメリカンタバコ<BTI> 英国株のADRです

 アルトリアグループ<MO>

 

 何れもタバコ銘柄です。

 以前は宗教上の理由(?)で、石油とタバコは避けている、等と書いた記憶がありますが・・・

 

 どちらにするかは・・・連休中にかなりBTIに傾いて(確定ではありません)来ました。

 

 しかし、いずれにしても

 カバコを止めてタバコ とは

 

有り難うございました。

【二題話】「山の上ホテル」の思ひ出、今日は何て日だ! 再び

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

山の上ホテルの思ひ出】

 今日(2月13日)は朝からいろいろなニュース番組でも取り上げていましたが、神田駿河台にある山の上ホテルが2月12日に営業を休止しました。

www.sankei.com

 散々ニュースで取り上げられていますが、神保町に近いこともあり所謂文豪と呼ばれる方々が定宿、というよりは「缶詰め」にされたホテルとして知られています。

 

 高校時代から理系クラスではありましたが、突然日本文学にハマり、文芸雑誌等を読みふけり「下手の横好き」で小説まがいのものを学校の文芸部の雑誌に書いたこともありました。

 文芸雑誌のコラム(本文の小説よりはこちらの方を熱心に読んでいた)に度々出てくる「山の上ホテル」に密かな憧れを抱いていました。

 

 「山の上ホテル」との出会いは以外に早くやってきました。

 向学心の篤い私は大学に入るために予め備える学校に通うこととなりましたが、「山の上ホテル」は学校からすぐ近い場所にありました。

 

 授業の空き時間(本来そのために自習室なるものがあるのですが)は坂を下って神保町の古書街で過ごすことが多くなりました。

 御茶ノ水駅から神保町に下る坂の途中で「山の上ホテル↗」と書かれた看板を見つけ、 勿論、浪人生ごときに近寄れるはずもなく、「何時かはここで『缶詰め』に!」と密かに誓っていました。

 

 実際に足を踏み入れたのはそれから30年近く後の平成の中頃で、とある書籍の編集委員を仰せつかり、その編集会議が開催されていたのが「山の上ホテル」の会議室でした。

 

 最初の編集会議の日は朝から気分が高揚していました。

 一歩足を踏み入れるとまるで昭和の時代にタイムスリップしたような感覚に陥りました。

 全てが古いのですが、内装も調度品も、何十年もの・・・といっても私より一つ年上なだけですが、時間を掛けて使い込まれた黒光りのようなオーラを放っていました。

 三島由紀夫などたいそうその居心地の良さを褒めちぎっていたとのことです。

 

 出版社の方々もこのホテルの会議室で編集会議をすることが一種のステータスと感じていたのかもしれませんし、編集委員の面々への気遣いであったのかもしれません。

 

 編集会議では交通費が支給されますが、領収書に住所氏名を書き、引き替えに頂いた封筒には「お俥代」のスタンプが・・・

 

 出版社の方も一体どこの時代からかタイムスリップして出てきたのでしょうか。

 

【今日は何て日だ! 再び】

 

 先週末一瞬だけでしたが、日経平均が37,000円を超え、史上最高値38,915円も視野に・・・と思っていたら、本日(2月13日)あっさりと38,000円を超え、37,963円(対前日+1,066円、+2.89%)で引けました。

Yahoo Finance殿サイトより借用



 本日の上昇幅の約四割が東京エレクトロン<8035 日経平均寄与+396円>主導によるもので、さすがのグループ企業 東京エレクトロンデバイス<2760>7,000円超え!をもってしても私の保有株は及びませんでした。

 

 まさに先週節分を越えたところですが、今日が「節分天井」とならないように祈るばかりです。

 

有り難うございました。

ひふみの定期売却とETF積立のご報告

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 月例(?)のひふみの部分売却(30万円)とETFの定期購入(7.5万円✕4本)を行いました。

 

 

ひふみ投信 部分売却】(1月9日約定) 

単価✕数量  70,112円✕4.2788口

国内税    18,046円

受取額     281,954円

 

 ひふみ投信の残高は370万円弱になりました。(やはり残り約12ヶ月?!)

日本株の好調さに合わせてひふみ投信の基準価格も上昇基調で、約定日は7万円超えの日で過去最高額の源泉税を徴収されましたが、今年(2024年)は回収する目処は立っておりませんし、回収できない方が「幸せ」なのでしょう。

 

 

【グローバルX優先証券ETF(2866 以下東証PFFD)】

 同ETFは基本的には米国に上場されているグローバルX優先証券(PFFD)の日本版と理解していますので、単純に東証PFFDと呼称するのが一番通りが良いようです。

 

東証PFFD購入】(2月6日約定)

単価✕数量    994.9円✕80口

         995  円✕1口

受取分配金   5,718円(1月中旬受領)

支払額       74,869円(分配金控除後)

 

今回購入の結果

・累積購入額 1,334,844円(分配金控除後)

保有数量    1,470口

・累積分配金   37,076円

・総資産額  1,462,503円

・騰落率     +9.56

となりました。

 

 グローバルXジャパン殿サイトによると、2月7日に100口当たり再び500円/100口との開示があり、確定の分配金は3月中旬入金の予定だと思われます。

 

 今月のチャートは、上昇率トップの東証PFFDです。

Yahoo Finance殿サイトより借用



 

【iSハイイールド社債ETF(HYG)購入】

 私の株式資産のポートフォリオの中では唯一海外債権を投資対象としたモノです。

 

【HYG購入】(米国時間2月2日約定)

単価✕数量   77.19$✕7口

手数料      2.67$

受取分配金   36.99$

支払額       506.01$(分配金控除後)

 

今回購入の結果

・累積購入額 9,507.86$(分配金控除後)

保有数量    130口

・累積分配金  276.30$

・総資産額  10,034.70$

・騰落率    +5.54%

 

となりました。

 

【グローバルX S&P500配当貴族(2236)】

 配当貴族の決算日は奇数月の24日ですので、まだまだ日程は余裕があるのですが、他の3本と同時タイミングの方が「買い忘れ」が無くて良いのではと言うだけの理由でで、このタイミングとなりました。

 

【GX配当貴族購入】(2月6日約定)

単価✕数量    1,139円✕65口

受取分配金      -円

支払額        74,035円(分配金控除後)

 

今回購入の結果

・累積購入額1,236,385円(分配金控除後)

保有数量   1,181口

・累積分配金   8,414円

・総資産額 1,345,159円

・騰落率    + 8.80%

 

 1月24日締めの分配金は引き続き100口当たり300円(年換算利回り1.5%)でした。

 まだまだ「貴族」を名乗るにはほど遠く、強いて言えば「配当上級平民」クラスでしょうか。

 それともまるで「◯薬」のような習慣性と更なる刺激を求めたくなる、河馬仔兄弟(QYLD、XYLD)に毒されすぎているのでしょうか。

 やっと最近河馬仔弟<XYLD>から足を洗いましたが・・・

 

 

【グローバルX SDIV日本株(2564)】

 昨年8月からさらに衝動買い的に積み立てを始めました。

年4回分配ですので、まだまだ日程は余裕があるのですが、他の3本と同時タイミングの方が「買い忘れ」が無くて良いのではと言うだけの理由でで、このタイミングとなりました。

 

【GXSDIV日本株(2月6日約定)

単価✕数量    2,810円✕26口

受取分配金      -円

支払額        73,060円(分配金控除後)

 

今回購入の結果

・累積購入額 510,168円(分配金控除後)

保有数量    200口

・累積分配金   2,757円

・総資産額  562,000円

・騰落率    +10.16%

 

となりました。

 

 「グラフ魔」の私 出遅れおじさんは月次の騰落率の推移をグラフに纏めてみました。

ETF騰落率推移



 

 今月も全体で右上がりの美しいグラフになっていますが、「右上がりの美しいグラフ」と「高値掴み」は紙一重です。

 

有り難うございました。

1月の家計収支のご報告・・・年の初めから言い訳ばかりのオトコです

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 1月の家計支出まとめのご報告です。

家計管理



【定常的支出】

      12月  1月 平均(2023年)

食費    78.6  95.6  73.9千円/月

光熱水   20.8  25.9  20.5

情報通信費 24.8  39.3  23.0

車・交通  16.0  30.4  21.1

医療費    1.7   1.7   4.9

日用・家電 38.4  15.0  31.4

雑費    44.7  25.6   41.6 (旧お小遣い的支出)

合計    225.0  233.6  216.5千円/月

 

 偶然見つけたプレミアムなハイボール(先月は「白州」今月は「山崎」)をしこたま買い込んだり、イオンの抽選販売当選に乗じたり、お買いものマラソンに興じたり・・・等々で、食費の内41.5千円が酒代です。

 (2023年の酒代は平均8.3千円/月でした)

 情報通信費の内19千円はNHKの受信料。

 年初からまた言い訳をしてしまいました。

 

 今月の非定常支出は、赤字表示のトーハク賛助会会費、お近所買いもの・お散歩用のボディバッグ購入、と医療保険(8月引落予定)は金額が確定していますので集計に加えました。

 

【非定常支出】赤字:当月支出

トーハク賛助会 50.0千円

固定資産税   -

ふるさと納税  -

医療保険    116.2 (8月引落)

自動車税     -

自動車保険    -

車・点検費等  -

旅行      -

鞄購入      45.6(1月)

合計      211.8千円(17.6千円/月)

 

支出額合計   251.3千円/月

 

 一方、頂ける年金の手取額は以下の条件で仮置きしています。

公的年金:2月、4月の通知書ベース

企業年金:昨年と同じ

 

 ただし、過去の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご紹介しましたように、住民税は6月まで徴収がありませんので、昨年の住民税額が8月以降来年6月まで徴収されるとして試算しています。

 

公的年金 183.4千円(所得税、住民税、介護保険、健康保険控除後)

企業年金 105.8     (所得税控除後)

合計   289.2千円/月 

 

 

 さすがに滑り出しは、平均支出額<手取り収入 (約△37.9千円/月、年間△455.2千円)となりました。

 

 今年の最大の支出は、6月納車予定のシン愛車1号車の自動車保険で、恐ろしい金額になりそうな気がしています。

 

 突然の思い出し! 翌2025年は火災保険の更新・・・((((;Д))))

 

 

 いわゆる岸田減税には多少は期待したいところです。

 ただし、住民税の1万円減税は、確定申告のご報告

deokureojisan.hatenablog.com

 で書きましたように、泣く泣く所得に加算された松井証券での配当金(82千円)に伴う国民健康保険税の増+7千円で帳消しです。

 

有り難うございました。

2月第1週、第2週の資産運用報告・・・日経平均、強すぎてついて行けません

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

 常々このブログで申し上げておりますとおり、基本的な私の投資スタンスは、

・長期保有

・配当重視

 ですので、基本的には株価の上げ下げは本来余り気にしないようにはしており、日々の証券口座残高の集計値の推移は一喜一憂しないつもりでは有りますが、しっかりチェックはしています。

 

 2月第1週、第2週末の資産状況のご報告です。

 

 2月第1週末恒例の米国雇用統計が+35万人増と予想を2倍近く上回りましたが、珍しく「Goodnews is bad news」とはならずダウ平均は史上最高値を更新、そのままの勢いで第2週末には一瞬ですが、S&P500指数も史上初の5,000ポイント越えを達成しました。

 

 国内でも、折から12月期決算発表の時期で銘柄ごとに悲喜こもごもの月開けとなりましたが、第2週の内田日銀副総裁の発言等を受けて米国株高につられるように日経平均(正しくは日経平均のみ)が上昇し金曜日にはバブル来(この形容詞を何時まで引きずるのか?)初の37,000円を記録しました。

 (既に、日経平均に負けていることの予防線・・・)

 

 2月第1週末、第2週末の主だった指標と、いつもながら並べて表記するのも烏滸がましいのですが私の株式資産(日米株式、REIT等含む、配当除く)の1月末との対比は以下の通りです。

 

     1月末  1週末  2週末

日経平均  36,286 36,158 36,897(円)

ダウ平均  38,150 38,654 38,671($)

NASDAQ    15,164 15,268 15,990

REIT指数 1798.71 1793.81 1757.32

 

株式資産 Base  ▲24.5 △109.3(万円)

折線:指標推移(対前月 % 左目盛り)、棒グラフ:資産推移(対前月 万円 右目盛り)



 私 出遅れおじさんの2月に入ってからの株式資産(配当除く)の評価益は、対前月末△109.3万円の増と、「大台」に乗りました。

 1月末の私の株式資産+2月購入資産の合計が7,154.4万円ですので、第2週末断面で対前月+1.53%となり、以下のように各指標の中位となりました。

 今回は日経平均にアト一歩という感じですが、これは下にありますように米国株高とドル高のおかげで、日本株とJREITの騰落はわずか+0.9%で、日経平均には大きく負けています。

 そもそも今回の第2週末では日経平均+1.68%、TOPIX+0.27%と6倍も差があり、日経平均の値がさ株だけが異常に上昇しているという状況です。

 と、「負けた」時には長々と言い訳を・・・

 

NASDAQ  +5.3%

日経平均 +1.7%

出遅れ  +1.5%

ダウ平均 +1.3%

JREIT指数 -2.3%

 

 対前月末の差異の内訳は、大まかに言うと米国株資産がほぼ△67万円の○、日本株REIT資産が△42万円の○と言う状況です。

 米国株については先月末に比べドル円相場はほぼ146円台後半から149円台前半まで2.5円ほど円安になっていますので、為替差で△36万円、ドル建てで△31万円の○という状況です。

 

 私の株式資産(日米株式、REIT等含む、配当除く)の月次騰落(対前月末)分布図に2月第2週末を当てはめると大台超え、プラス側3本目の左端まで上昇しました。

月次騰落(対前月 万円) 2018.1~ N=73



 ロシアのウクライナ侵攻の一日も早い収束を願っています。

 勿論私の場合はT朝のTM川氏とは逆で、ウクライナが矛を収めることでは無く、ロシア軍の全面撤退とプーチンの国際軍事裁判での断罪です。

 

 相場の上げ下げを気にしないと言っても上がれば嬉しいし、下がれば悲しい、ただ上がり過ぎれば落ち着かないというわがままばかりを言っておりますが、いずれにしても、上がった、下がったと騒いでみても、この◯☓は「含み益」「含み損」である事には変わり有りません。

 

 

有り難うございました。

【モーサテ日記】超強気発言の広木隆氏と塩田キャスターの掛け合い・・・

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

【おことわり】

 「モーサテ日記」は以前モーサテのキャスターをされていた佐々木明子さんの日経マネー誌の連載タイトルです。佐々木明子さんがWBSに異動されて連載タイトルが変わりましたので勝手にパクっています。

テレ東殿サイトより借用



 本日(2月9日)のモーサテ「プロの眼」のコーナーのゲストはマネックス証券の広木隆氏で、テーマは「資本効率か資本の成長性か」でした。

 東証が求める資本効率の向上(いわゆる「PBR1倍割れ銘柄撲滅作戦」)も取り組みは単純なものではなく、株主還元重視のアップル<AAPL>と配当・自社株買いを全くしなかったアルファベット<GOOGL>の対比で一概に株主還元に重心を置くことは成長に繋がらない、という興味深い指摘で、それ自体記事にしたいのですが、それ以前の「S&P500指数5,000ポイント越え」速報ニュースの塩田真弓キャスターとのやりとりがあまりにも面白かったので・・・

 

 「S&P500指数5,000ポイント越え」の速報ニュースを伝えるなかで、広木氏は「株は上がるもの」という持論を披瀝されました。

 勿論、暴落も急落もあるが株価はそれを乗り越えて上がるものとのことでした。

 

 「ダウ平均も来週は39,000$の大台超え、日経平均も今日37,000円台!」

 (先物が37,000円を超えていたのでそうそう大ボラとも言えないのですが)

 

 それを聞いた塩田キャスターが、「エッ?」と一瞬せせら笑ったように見えました。

 「株価上昇を煽った(投資勧誘の常套句で)」と言われないように「株価は下がることもある(番組内で再三自己責任でといっているように)」と付け加えながら、暗に、「日本株なんか上がる分けネーだろ!」、という雰囲気でした。

 

 広木氏は、今日9日がSQ日で、昨日来、TOPIXは大して上がっていないのに日経平均の値がさ株だけ上げていると、意識的に買い上げている連中がいて、さらに3月の第2金曜日はメジャーSQなので・・・とのことでした。

 

 広木氏は広木氏で、株式の営業という立場で松井証券の窪田朋一郎氏と並んで同番組内でも「強気大魔王」の両巨頭といえますが、塩田キャスターもテレ東の思惑を代弁しているという意味で大いに笑えました。

 

 以前の記事

deokureojisan.hatenablog.com

 で、ご紹介しましたが、東大の渡辺努教授が、今のインフレは相対的価格のばらつき等の弊害がないので緩和姿勢を続けるべき、と主張したときは露骨に顔を顰めていらっしゃいましたので、ついつい失礼ながら「そんな表情すると 小○ワが・・・」と言ってしまったように、塩田キャスターはとても分かりやすい方です。

 

有り難うございました。

今日は何て日だ! 悶々小ネタ集

当ブログをご訪問頂きまして大変有り難うございます。

出遅れおじさんです。

 

ベライゾンコミュニケーションズ<VZ>配当金再投資】

 

 ベライゾンコミュニケーションズ<VZ>より配当金を頂きましたので、愚直に再投資しました。

ようやくウイブル証券でも先月のエイリスキャピタル<ARCC>の配当金と併せて再投資が出来る金額が貯まりました。

 

楽天証券

 

【VZ受取配当金】(特定口座)

単価✕数量   0.6650$✕143株

国税     9.51$

国内税    17.36$

手取額    68.22$

 

【VZ購入】(特定口座) 2月2日約定

単価✕数量   42.41$✕1株

手数料      0.20$

支払額       42.61$

 

【ウイブル証券】

 

【VZ受取配当金】(特定口座)

単価✕数量   0.6650$✕21株

国税     1.40$

国内税     2.54$

手取額    10.03$

 

【VZ購入】(特定口座) 2月2日約定

単価✕数量   42.43$✕1株

手数料      0.08$

支払額       42.51$

 

 今回の購入で、

VZの保有口数は144株(楽天証券 特定口座)

同        22株(ウイブル証券 特定口座)

となりました。

 

 VZは契約数の伸びで、「米国内市場で一人負け」と言う状況からようやく脱出できたようで、10月下旬の9月期決算以降株価は最悪の状況から40$台を回復出来たことは慶賀の至りです。

 しかし、ARCCが買えるという期待で開設したウイブル証券もARCCが購入できなくなり、SDIVとうの高配当ETFも取扱がないため、第3の選択肢としてVZを購入することとしたのですが、

 「オレが買おうとしているときに、上がるんじゃネエ!」

 と、2ヶ月続けてクレーマー老人ぶりを発揮しました。

 

 

あおぞら銀行<8304>イマイチ下がり切れず】

 

 本年度赤字、かつ3/四期4/四期無配を公表したあおぞら銀行<8304>の株価は公表当日こそ2,080円まで下げましたが、その後は2,150円~2,200円の範囲で膠着してしまいました。

Yahoo Finance殿サイトより借用

 

 猫好きの方が聞いたら卒倒しそうな表現で申し訳ありませんが、「デッドキャットバウンス」の範疇でしょうか。

 76円配当(同行が目指している次年度最低配当額)なら、2,150円で配当利回りは3.53%・・・

 

 今ひとつ「買い」に踏み切れません。

 

日経平均・・・怒濤の上げ!】・・・見ていたくないので外出しました

 

 本日(2月8日)の日経平均は午前中の早い時間は対前日ややプラスの36,400円あたりで留まっていましたが、 国会 奈良市での講演会で日銀の内田副総裁の「ゼロ金利解除でも緩和継続」発言を受けて、昼前あたりから「怒濤の上げ」となりました。

 (こっそり記事修正しました)

 

 

 が、個別には濃淡があったようで

・上昇の寄与度:SBG<9914>、ファストリ<9983>・・・私には関係ありません!

 トヨタ<7203>等上げている銘柄ももありますが。

・下落の寄与度:KDDI<9433>、(中略)、花王<4452>・・・顔面直撃弾!!

 三菱商事<8058>も寄与度6位ですが、昨日の反動と言うことで。

 

 こういう日もあります。

 見ていたくないので午後から近郊を当てもなくドライブ。

 

 日々の上げ下げには一喜一憂しない! は、何処へ行った!

 と、自問自答。

 

有り難うございました。